『海外投資お役立ちガイド』では、これから海外投資を始めたい方のために、海外投資のメリットや失敗しない海外投資商品の選び方などを分かりやすく紹介しています。

海外投資お役立ちガイド
海外投資お役立ちガイド > 海外投資のメリット

海外投資(オフショア投資)とは?

海外投資とは、一般的に海外の金融商品に投資することを指します。

また、投資の収益に対する課税がない、もしくは税率の著しく低い国や地域で販売・運用されている投資商品に投資をすることをオフショア投資と呼んだりします。


一般的に、ファンド(投資信託)とは多くの投資家から集めた資金を一つにまとめ、専門の投資家が株式・債券などの投資商品に投資・運用し、その運用成果を各投資家に分配する仕組みのことを言います。


かつて日本人は自由に海外に財産を持ったり預金をすることができませんでした。
それが1998年の外為法の改正により、今は合法的に海外で投資を行えるようになっています。


しかし、海外の投資商品に自由に投資ができないという国はたくさんあります。
実はアメリカなんかも自由に海外で投資をすることが許されていない国の一つなのです。


それに比べると我々日本人は非常に恵まれていると言えます。

今なぜ海外投資が注目されているのか

ここ数年、日本の借金の話が毎日のようにマスコミに取り上げられています。
国家破産とまではいかなくても、増税の流れはもう止められない状況まで来ています。


そういった流れの中で、日本では合法的に海外に財産を持つことができるので、賢い人たちはどんどん自分の財産を海外に移しています。
これからは各個人が海外に目を向け自らの財産を守っていく必要があります。


また、海外に財産を移すことで世界中のファンドを購入できるというメリットもあります。
実は、日本では過剰に国内の金融機関を保護しており、海外の優れた投資商品は日本国内では決して販売されることはありません。 逆に、過剰な保護のもと国内の投資商品にはどこも高い手数料が設定されています。


これが、海外に財産を移すことのもう一つのメリットです。

海外投資を利用するメリット


今の日本では銀行に預金をしても、利息を期待することはほぼできません。
また、国内で海外投資を行うこともできますが、手数料が非常に高く設定されてしまっているせいで、結果的に海外で運用して得られうような高利回りを期待することができません。
海外に直接出ていき契約をすることで、税制面のメリットを最大限得ながら優れた商品を購入することができますので、非常に高利回りを期待することができます。



日本では過剰に国内の金融機関を保護しており、そのため高い手数料が設定されています。
 逆に、海外では過度な規制がなく、各社がよりよいサービスを提供するために競い合っているため手数料に関しては日本に比べ割安で設定されている場合が多くなっています。



海外ファンドはいわゆるタックスヘイブンと呼ばれる国や地域で運用されており、その国や地域の税制が適応されます。
投資商品によっては運用満期まで課税されないという商品もあるため、毎月運用額に課税される日本の投資商品に比べ複利運用のメリットを最大限得ることができます。



ファンドというと数百万、数千万というお金を一括で預けて運用を任せるといったイメージが強いですが、海外のファンドでは毎月300~500USDといった少額から積み立てられる投資商品もたくさんあります。
さらに、そのような少額の積立にも関わらず、世界中の有名なファンドに分散投資できるといった大きなメリットもあります。



世界中には、40,000本を超えるファンドが存在し、その資産規模は何兆ドルにも上ると言われています。
これらのファンドは、個人投資家の他にも、年金基金・生命保険会社・政府系ファンド等、世界中の投資家から多額の資金を集めて運用されています。
ファンドの運用における自由度が高い国や地域で発行され、有力な運用機関が運用成果を競い合う「海外ファンド」は、ヘッジファンドなど国内市場にはない魅力的な金融商品として投資家の間での需要が高まっています。