『海外投資お役立ちガイド』では、これから海外投資を始めたい方のために、海外投資のメリットや失敗しない海外投資商品の選び方などを分かりやすく紹介しています。

海外投資お役立ちガイド

海外投資お役立ちガイド > 海外ファンドの購入方法

海外ファンド選びで本当に大切なこと

香港で海外の投資商品を購入するためには、香港のIFA(投資顧問会社)を選ぶ必要があります。 しかし、日本人が香港のIFAから商品を直接購入する事は難しく、運よく販売してくれるIFAを見つけたとしても、言葉の問題や必要書類の違いなどによりスムーズに購入手続きを進める事はとても難しいです。

また、購入後の各種変更手続きなどについても同様の問題が残るため、運用を託し、生涯に渡って付き合っていくには数々のハードルを乗り越えていかなければなりません。

これらの手続きをスムーズに行う為に、日本人の在籍する紹介代理店を利用する方法があります。 紹介代理店は、日本にお住まいのお客様に代わってIFAとの交渉を行ったり、商品の概要について資料を提供してくれたりします。
そしてお客様が契約をご希望された際にはIFAとの契約の場を用意し、ご契約後の運用以外のサポートを行う、頼りがいのあるサポート窓口としてお客様の海外投資をサポートしてくれます。

しかし、紹介代理店にも「手数料」や「会費」といった名目で、本来払う必要のない費用の負担を強いてくるところもあり、IFAを見極める前に、まず紹介代理店を見極める必要があります。 ここでは紹介代理店を見極める為のポイントをご紹介してまいりましょう。

※IFAとはIndependennt financial adviserの略で、独立系ファイナンシャルアドバイザーと訳されます。ファンド会社や銀行等金融機関とは雇用関係になく、独立した立場で顧客の資産形成についてアドバイスや経済分析、商品分析行い、オフショアファンドや海外ファンド、ヘッジファンドの販売を行うことができる、いわば金融のスペシャリストのことです。





IFAと紹介代理店の違い

優良紹介代理店の選び方

紹介代理店の中には単に契約時のフォローだけを行い、その後のアフターフォローは全く行わないという業者があります。
投資商品は何十年という付き合いになる商品がほとんどです。
しかも海外の投資商品となるとなおさらアフターフォローの重要性が増してきますのでしっかりとサポートしてくれる代理店を選ぶ必要があります。


紹介代理店によっては「手数料」「会費」といった名目で正規の手数料以外の手数料を請求してくるところがあります。
そういった手数料は本来支払う必要のない手数料ですので、余計な手数料を請求されていないかしっかりと見極める必要があります。

サイト内に正規の手数料の表が掲載されていますので、ご不安な方は一度ご確認ください。
手数料について


海外投資を行う上で避けて通れないのが海外銀行口座を持つことです。せっかく運用した資産の受け皿がないと意味がありません。
ただ、本来セットであるはずの海外銀行口座を開設するにあたっても別途手数料を取ろうとしてくるところがたくさんあります。
海外投資を契約すれば無料で海外銀行の口座開設サポートを行っているところもありますので、こちらもしっかりと見極める必要があります。


紹介代理店によってはどのIFAを紹介するか明確にしないところもあります。
しかし、ファンドラップ等の投資商品はIFAのファンドマネージャーの手腕によって大きく運用成績が変わってきます。
どんなIFAなのか、どんなファンドマネージャーなのかという点に関してもしっかり調べて契約する必要があります。