ジョホールバルってどうなの?

2015年5月 7日

海外投資家の皆様、こんにちは。わんちゃいくんです。


何やらジョホールバル不動産関係で涙を流す日本人が増えそうな気配です。

とあるニュースによると、中国資本の引き揚げ傾向が強まった為に開発速度に低下がみられる事と、マレーシア政府が原油による収益が上げられない現在状況で追加予算を組む事が難しいなどの理由から、イスカンダル計画の終結には当初予想よりもより長い時間を必要とすると言われています。


実際にショッピングモールや大学などの誘致も進み、コンドミニアムの建設も進んでいるが、地元住民からは物価上昇と賃金上昇のバランスの悪さによる不満が相次ぎ、その指示を得られていないのが現状です。
このような状況において、日本人投資家が購入したコンドミニアムの家賃が期待通りに支払われるのかどうかという不安も高まり、現地の日本人経営不動産会社の中には管理費の他に広告費を要求する悪徳業者も現れているといいいます。

(※もっとも、売買を斡旋した業者が現地相場に自分たちの利益を上乗せした値段で日本人投資家に売りつけていたという話は絶えません。)

今後どうなるのか、マレーシア経済というよりも壮大な投資詐欺話になってしまわないかどうかが心配です。


ではでは、わんちゃいくんでした。

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→

K2Investmentにまた行政処分勧告

2014年3月 6日

海外投資家の皆様、こんにちは。わんちゃいくんです。

以前に話題になっていたK2Investmentにまた行政処分勧告が出されました。

■証券取引等監視委員会
http://www.fsa.go.jp/sesc/news/c_2014/2014/20140305-1.htm


この会社は昨年10月にも関東財務局より営業停止処分を受けていますが、業務停止命令期間中にも引き続きその業務を行っていたとして、業務停止命令違反と判断され、再度の行政処分を受けることになりました。

■関東財務局
http://kantou.mof.go.jp/kinyuu/pagekthp033000026.html


昨年時点での代表取締役であった河合圭氏は、現在香港などの海外に移住しているとして、代表権の無い会長職に就いて、さらに香港に会社を設立し、香港の企業として顧客に対する助言業を行っていたという噂もあります。


法律の専門家ではないので詳しい事は分かりませんが、何となくギリギリアウトな気がします。


色々な投資助言業者がありますが、信用に足るかどうかを判断する事も投資家の皆さんが背負うべきリスクであり、責任だと思いますので、しっかりと見定めましょうね。


わんちゃいくんでした。

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→

アブラハムプライベートバンクのニュースについて

2013年10月 9日

海外投資家の皆様、こんにちは。わんちゃいくんです。

10月2日の日経新聞の報道を受けて、不安になられていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
すでに多くの情報がネット上で紹介されているのでご存知かと思いますが、どうやらアブラハムプライベートバンクのサービスは、広告で謳われている内容に虚偽が認められたという事で、金融庁から行政処分が下るようです。

それ以上に、ネット上の話題はハンサード社の商品が他社のものと比べて如何に不利な商品であるか、そして、それがあたかも最高の商品であるかのように説明して契約に持ち込んだアブラハムプライベートバンク社のセールスについて、盛り上がりをみせています。

 

「投資は自己責任」


良くも悪くも正しい言葉ですが、虚偽の情報ばかりを植え付けた上で自分たちにしか利益の無いような商品を比較する事無く売りつけ、さらにはそれが解約すると大きな損に繋がるという事になると、もはや投資とは呼べない商行為、拡大解釈をすれば「詐欺行為」とも言える行為だと思います。


投資助言業という看板を掲げていたのであれば、顧客の相談に応じた内容でアドバイスをするべきであり、最終的に一つの商品しか顧客が契約出来ない仕組みになっているのであれば、当然のことながらそれは助言ではなく、特定商品、しかも日本では当局に認可されていない海外の商品を日本国内で契約していたという、違法行為を含めた販売行為です。

アブラハムプライベートバンクは、この他にもハンサードからの紹介料を海外のペーパーカンパニーで受け取っていたという所得隠し及び脱税の容疑で調査が進んでいると言われています。
投資助言業として顧客からの助言料を得ていたにもかかわらず、さらに紹介料で大きな利益を得ていました。
こちらは金融庁の管轄では無いので、金融庁からの発表では無く、あるとしたら国税による査察が入ると思われます。


詳しい事は分かりませんが、ある事情筋からは「限りなくクロ」という話を耳にしておりますので、間もなく進展があるのではないでしょうか。

 

 

ではでは、わんちゃいくんでした。

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→

フレンズプロビデント社、増額受付停止!!!

2013年7月25日

海外投資家の皆様、こんにちは。わんちゃいくんです。

フレンズプロビデント社にまた動きがあったようです。
久しぶりに耳にする名前ですが、また日本居住者に対しての条件を厳しくしてきました。
日本居住者がすでに新規に契約をすることが出来ない事は周知の事実ですが、今回はさらに「増額」も行えなくなるようです。
7月31日の受付を最後に、日本居住者の契約について、今後一切の増額を受け付けないと通達がありました。

しかし、元々「増額」の契約は同じ契約者が持つ契約の中でも新規に等しい扱いを受ける為、やや誤解を招きやすい言い方かも知れませんが「既契約者が行う新規契約」に等しい条件でした。
なので、今回はこちらも受け付け終了とする事になったものと思われます。


さて、このブログをお読み頂いている方にご注意頂きたい点は、一つ。

「増額」はダメでも、「減額の回復」と「休止の回復」は可能だという事です。

例えば、契約時に毎月500USDで契約していたとして、これを1,000USDの積立へと変更する「増額」はダメですが、500USDから300USDへと変更していた「減額」の状態からまた契約時の金額である500USDに戻す「減額の回復」は可能になります。

また、一時的に「積み立てを休止」していた方が再び毎月の積立を契約時の金額と同じ金額で再開する「休止の回復」は可能です。

 

一部の変なIFAからは、「7月31日までに休止状態から再開しないと、以降二度と再開出来なくなる」と間違った情報が流され、再開を申し込む為の用紙が配布されているようです。
くれぐれも悪質な噂や、間違った情報にはご注意下さい。

 

ではでは、わんちゃいくんでした。

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→

油っこい経営者の悪事が発覚!?

2013年3月12日

海外投資家の皆さん、こんにちは。わんちゃいくんです。

日本国内では海外投資について、とある会社を中心に良くも悪くも議論の中心になっていますね。
放っておくと、「海外投資 = 悪」なんて論調になりかねないなぁと心配しています。

あえて言うべきことではないかも知れませんが、海外で投資をする事がいけないわけではなく、海外投資をダシに使って悪事を働こうとする変な業者に騙されないようにすれば、日本にはない新しい金融商品と出会う事が出来ます。

CMをガンガン流してたあの会社さんも、投資商品を販売した報奨金(コミッションのキックバック)を海外で受け取っていたという事が分かったらしいので、近いうちに経営者は脱税の容疑などで取り調べを受ける事になるでしょうね。

これから海外投資をしようとお考えの方は、とりあえず香港かシンガポールなどのオフショア地域に行って、そこにある会社を通じて投資商品を買いましょう。
変な仕組みをに組込まれ、騙され、搾取されるような立場にまわってはいけません。

油っぽいところには、お気を付け下さい。

 

ではでは、わんちゃいくんでした。

 

 

----------------------------

【定番コーナー】わんちゃいくんに聞く!
香港の観光情報・投資情報で、わんちゃいくんに質問してください!
おおっぴらには聞けない事なんかも、こっそり教えますよ~♪

ご質問はメールでどうぞ!
⇒ info@kaigai-guide.com

----------------------------

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→