魚住りえ著書「10歳若返る!話し方のレッスン」プレゼント企画

2016年5月26日

海外投資家の皆さま、こんにちは。わんちゃいくんです。


仕事柄たくさんのお客様とお会いする機会に恵まれているのですが、その時に気になっちゃうのが「話し方」です。

お客様に対してこちらの意図をお伝えする際に、気を付けているのが声と話し方ですが、張りのある声とハキハキした話し方でお伝えした方が、お客様にもご理解して頂きやすいような気がしています。

単純に聞き取りやすい声になるというのが効果を生んでいるのかも知れませんが、自分の声と話し方に自信が持てると、その気持ちも伝わるのかも知れませんね。


私が参考にさせてもらったのはフリーアナウンサーの魚住りえさんの著書「たった1日で声まで良くなる話し方の教科書」(東洋経済)だったわけですが、その魚住さんが第二作目を出版されたという事で早くも気になっています。

 

 

 

 

普段お付き合いさせて頂いている会社さんが、その魚住さんの著書をプレゼント(しかも直筆サイン入り)されているようなので、ご興味をお持ちの方はぜひご応募なさってくださいね。(私はAmazonですでに注文済みです。)

 

 

【トレトレ】魚住りえ著書「10歳若返る!話し方のレッスン」プレゼント企画.png

 


ではでは、わんちゃいくんでした。

 

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→

マレーシアとシンガポールの明暗

2016年4月26日

 

マレーシアとシンガポールの明暗
隣接する2国がここまで違うものなのか、と思わせるほどに発展のスピードとその方向性が全く異なり、そしてその成長性に大きな差が生まれてきている。
シンガポールとマレーシアの両国を訪れた事がある人が感じるその「差」はどこから生まれてくるのか。
端的に言うと、それは小国シンガポールが生き残るために知恵を絞りに絞った成果と言わざるを得ない。
資源の無い小国が国際社会で競争力を保つためには、独自の産業を育てていかなければいけないのは誰もが知っている事だが、シンガポールは本来であればハンデになり得るその小ささを生かして国家的な実験を繰り返した。
そして、今やスマート国家としてその分野では最先端であり続けようとする国家として、その名をとどろかせようとしている。
今注目を浴びているのが、「スマート・ネーション」プログラムと呼ばれる取り組みで、シンガポール中にセンサーとカメラを設置し、政府が人や車の動きや、公共スペースが清潔に保たれているかなど、あらゆる物事が監視されるようになる仕組みだ。
もちろん、プライバシーの問題などが心配されるだろうが、現時点ではそれらの仕組みが構築された後に具体的にどのように利用されるのかは公表されていない事と、すでに法律で禁止されている禁煙地域での喫煙などを検知する仕組みが稼働している為、シンガポール国民には、さほど違和感無く受け入れられてしまうのかも知れない。
そして、常に革新的で先端技術を取り入れる事で生活が便利になる事を理解し、それを許容してきたシンガポール国民にとっては、むしろ歓迎される取り組みとなる可能性が高い。
これらの点でも更新的な日本ではまず出来ない事だが・・・

 

 

海外投資家の皆様、こんにちは。わんちゃいくんです。

 

隣接する2国がここまで違うものなのか、と思わせるほどに発展のスピードとその方向性が全く異なり、そしてその成長性に大きな差が生まれてきていますね。

 

シンガポールとマレーシアの両国を訪れた事がある人が感じるその「差」はどこから生まれてくるのか。

 

端的に言うと、それは小国シンガポールが生き残るために知恵を絞りに絞った成果と言わざるを得なのですが。(きっぱり)

資源の無い小国が国際社会で競争力を保つためには、独自の産業を育てていかなければいけないのは誰もが知っている事だが、シンガポールは本来であればハンデになり得るその小ささを生かして国家的な実験を繰り返しました。

 

そして、今やスマート国家としてその分野では最先端であり続けようとする国家として、その名をとどろかせようとしています。

今注目を浴びているのが、「スマート・ネーション」プログラムと呼ばれる取り組みで、シンガポール中にセンサーとカメラを設置し、政府が人や車の動きや、公共スペースが清潔に保たれているかなど、あらゆる物事が監視されるようになる仕組みです。

もちろん、プライバシーの問題などが心配されるでしょうが、現時点ではそれらの仕組みが構築された後に具体的にどのように利用されるのかは公表されていない事と、すでに法律で禁止されている禁煙地域での喫煙などを検知する仕組みが稼働している為、シンガポール国民には、さほど違和感無く受け入れられてしまうのかも知れませんね。

 

そして、常に革新的で先端技術を取り入れる事で生活が便利になる事を理解し、それを許容してきたシンガポール国民にとっては、むしろ歓迎される取り組みとなる可能性が高いといえます。

 

これらの点でも後進的な日本ではまず出来ない事ですが・・・

 

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→

アルジェの女たち

2015年5月12日

海外投資家の皆様、こんにちは。わんちゃいくんです。


ピカソの絵画「アルジェの女たち」が、美術作品の競売で過去最高値を付けて落札されたようです。


なんと、その額「約215億円」。


たかが絵、されど絵ですね。

見ているだけで心を奪われるような絵画の魅力は、簡単にはお金の価値を付けがたいものですが、オークションのような場では欲しい人が値段を釣り上げていくので、いわゆるお金持ちの見栄っ張り競争と要素も加算されて値段が付けられるのだと思います。

また、芸術家達がそれを作り上げるのに掛かったコストは、とても数字で表わせられるものではない為、欲しい人が値段を決めるというのはごく自然な流れになり、どうしてもその絵を欲しい人からしてみたら、いくら払ってでも手に入れたいというものになってしまうのでしょう。

 

しかし、215億円という金額をポンと払えてしまうのは、一体どういう人なのでしょうか。
絵画そのものよりも、その購入者の方に興味が沸いてしまいますね。

 


ではでは、わんちゃいくんでした。

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→

世界の混乱

2015年2月 5日

海外投資家の皆さん、こんにちは。わんちゃいくんです。


世界中で色々な事が起きていますが、全体的に世界が不安定になりつつあるような気配がします。

今や誰でも知っている存在になった「イスラム国」は欧米諸国だけでなくアジアをも巻き込みながら、テロリズムの恐怖を世界に広めようとしており、イスラム諸国は教義の解釈の違いを認めつつも、それをイスラム国家全体で拒否する事なく積極的な関与を避けています。


そんな中東のリスクの他に、これまで経済の発展という面ばかりがフォーカスされていた中国についてもう一つのリスクが明らかになってきました。

 

それは、中国の債務です。

 

アメリカのマッキンゼー国際研究所のレポートによると、「中国全体の債務はGDPの282%に相当する」とされています。

これは、2014年度の日本の対GDP比債務残高の231%を大きく上回り、欧州の中でも注目されているイタリアの146%の2倍に迫る勢いであり、今後中国を取り巻く環境の悪化が進むと、この債務の圧縮が難しくなり、東アジアの経済全体が混乱に陥る可能性がある事を示唆しています。


さらに懸念する事項としては、その膨らむ債務の大半を不動産関連が占めているという事実で、大手不動産会社が債務不履行で倒産に追い込まれている事などを鑑みると、このまま不動産バブルが崩壊し、社会全体が債務不履行の連鎖に陥るのではないかと不安がよぎります。


既に春節を前に銀行の資本準備率の引き下げを行い、金融機関への規制緩和という救済の手を差し伸べている事からも、中国経済の成長神話崩壊の可能性は少なからず存在していると考えられます。

 


マッキンゼー国際研究所のレポートは、最終的に「非常に高い確率で本格的な金融危機は避けられそうだ」と綴っていますが、その代償に「経済成長を犠牲にする」事を前提としている為、中国の将来には暗雲が立ち込めていると考えて良さそうです。

 

 

ではでは、わんちゃいくんでした。

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→

11月29日

2014年11月28日

海外投資家の皆さん、こんにちは。わんちゃいくんです。


明日、11月29日は何の日だか知っていますか?

 

 

「いいにく(1129)」の日

 

 

である事も間違いないのですが、明日は台湾の統一地方選挙が行われる日です。

 

日本でも衆院選挙に向けて盛り上がりを見せていますが、台湾では、台湾の経済・政治の中心地でもある台北市の市長選がとても大きな注目を集めています。

というのも、これまで16年間に渡って市長の座を死守してきた与党・国民党が、その座を失うかもしれないというのです。
そして、国民党に変わって市長になると期待されているのが、「無所属新人・現医師」の柯文哲候補なのだから、台湾の政治にも大きな変化の波が訪れていると言えるのではないでしょうか。


これには中国との距離が近くなりすぎた国民党への反発の意味も強く含まれており、台湾が台湾らしくある為にという次世代を担う若者達の声が反映されていると言えます。

 

依然として強力な勢力を持つ与党・国民党ですが、こうした古い政治体制に風穴を開ける新しい風が吹いているのは、今世界各地で見られる大きなムーブメントなのではないでしょうか。
台湾の場合も、単純に反中国では無く、自分たちが台湾人であるというアイデンティティを確立させたいという気持ちが、国民の中に湧き上がってきているのではないでしょうか。

台湾の歴史を振り返ると、この選挙の動向は将来の台湾に大きな影響を与える一歩となると感じています。

そして、個人的にも柯文哲候補を応援したいと思います。

 

 


ではでは、わんちゃいくんでした。

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→