マレーシアとシンガポールの明暗

2016年4月26日

 

マレーシアとシンガポールの明暗
隣接する2国がここまで違うものなのか、と思わせるほどに発展のスピードとその方向性が全く異なり、そしてその成長性に大きな差が生まれてきている。
シンガポールとマレーシアの両国を訪れた事がある人が感じるその「差」はどこから生まれてくるのか。
端的に言うと、それは小国シンガポールが生き残るために知恵を絞りに絞った成果と言わざるを得ない。
資源の無い小国が国際社会で競争力を保つためには、独自の産業を育てていかなければいけないのは誰もが知っている事だが、シンガポールは本来であればハンデになり得るその小ささを生かして国家的な実験を繰り返した。
そして、今やスマート国家としてその分野では最先端であり続けようとする国家として、その名をとどろかせようとしている。
今注目を浴びているのが、「スマート・ネーション」プログラムと呼ばれる取り組みで、シンガポール中にセンサーとカメラを設置し、政府が人や車の動きや、公共スペースが清潔に保たれているかなど、あらゆる物事が監視されるようになる仕組みだ。
もちろん、プライバシーの問題などが心配されるだろうが、現時点ではそれらの仕組みが構築された後に具体的にどのように利用されるのかは公表されていない事と、すでに法律で禁止されている禁煙地域での喫煙などを検知する仕組みが稼働している為、シンガポール国民には、さほど違和感無く受け入れられてしまうのかも知れない。
そして、常に革新的で先端技術を取り入れる事で生活が便利になる事を理解し、それを許容してきたシンガポール国民にとっては、むしろ歓迎される取り組みとなる可能性が高い。
これらの点でも更新的な日本ではまず出来ない事だが・・・

 

 

海外投資家の皆様、こんにちは。わんちゃいくんです。

 

隣接する2国がここまで違うものなのか、と思わせるほどに発展のスピードとその方向性が全く異なり、そしてその成長性に大きな差が生まれてきていますね。

 

シンガポールとマレーシアの両国を訪れた事がある人が感じるその「差」はどこから生まれてくるのか。

 

端的に言うと、それは小国シンガポールが生き残るために知恵を絞りに絞った成果と言わざるを得なのですが。(きっぱり)

資源の無い小国が国際社会で競争力を保つためには、独自の産業を育てていかなければいけないのは誰もが知っている事だが、シンガポールは本来であればハンデになり得るその小ささを生かして国家的な実験を繰り返しました。

 

そして、今やスマート国家としてその分野では最先端であり続けようとする国家として、その名をとどろかせようとしています。

今注目を浴びているのが、「スマート・ネーション」プログラムと呼ばれる取り組みで、シンガポール中にセンサーとカメラを設置し、政府が人や車の動きや、公共スペースが清潔に保たれているかなど、あらゆる物事が監視されるようになる仕組みです。

もちろん、プライバシーの問題などが心配されるでしょうが、現時点ではそれらの仕組みが構築された後に具体的にどのように利用されるのかは公表されていない事と、すでに法律で禁止されている禁煙地域での喫煙などを検知する仕組みが稼働している為、シンガポール国民には、さほど違和感無く受け入れられてしまうのかも知れませんね。

 

そして、常に革新的で先端技術を取り入れる事で生活が便利になる事を理解し、それを許容してきたシンガポール国民にとっては、むしろ歓迎される取り組みとなる可能性が高いといえます。

 

これらの点でも後進的な日本ではまず出来ない事ですが・・・

 

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→