中国人民元、切り下げ!?

2015年8月11日

海外投資家の皆様、こんにちは。わんちゃいくんです。


突然ですが、本日日本時間の午前10時40分過ぎに中国人民元の切り下げが発表されました。
中国の経済状況を鑑みると、そのような景気刺激策を強引に実施する可能性があったとは言えるが、7月の貿易収支の数字を受けて即座に為替操作を行うあたりがなんとも中国っぽいですね。

これまで世界中が自国通貨安を誘導し、景気刺激策の一環としてそのメリットを享受しようと奔走してきましたが、少し遅れて中国もそれを利用せざるを得なくなったという事と、国民に対して常に強気でいなければならない今の中国共産党政権の政治手法を踏まえて改めて考察してみると、中国の動きには焦りも見られます。

このまま元安誘導が続き、年末に向けて米国のドル高が進むとすれば、中国の輸出はそれなりに回復するでしょうが、株安によって冷え込んだ内需がどこまで回復するのかも同時に観察する必要がありそうです。

聞くところによると日本では「インバウンド」という言葉が流行っており、売り上げの大部分を中国人の「爆買い」を期待している日本の小売業界は、方針の見直しを迫られるタイミングに来ているかも知れませんね。

個人的には「爆買い」によって日本製品の良さが知れ渡ったという事実を活かし、単に価格差だけでは埋められない絶対的な品質の差がそこにあるという事を中国の人々が知った上で日本製品を求めてくるという流れになればいいなと考えていますが、中国の高い輸入関税などに阻まれると考えると、一方的な日本からの輸出では無く、買いに来てもらうと言うのが一番効率が良いんでしょうね。

 

 

ではでは、わんちゃいくんでした。

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→