ジャイアンよりヒドイ中国のバラマキ外交

2015年3月20日

海外投資家の皆様、こんにちは。わんちゃいくんです。

中国が金にものを言わせた外交を続け、それを正当化しようとしている事は既にご存知かと思いますが、それに対して世界一でありたい米国が本格的に動き出すかも知れません。

中国政府が見返りを期待した他国への資金援助をし続けた結果、「アジアインフラ銀行(AIIB)」という新興国に対する資金融資を前提とした「金のなる木」を作り上げるまでに至りました。
これまでは「アジア開発銀行(ADB)」がアジアで確固たる地位を築いていたわけですが、それに真っ向から対抗するように中国が「俺が金を出すんだから、お前ら言う事聞けよな」という態度を全面に打ち出した組織を作り上げてしまい、経済的には今後はアメリカ陣営 vs 中国陣営という対立が表面化してくる事が予想されます。


中国側の意見はこうなるでしょう。


「今まで日本がやっていた事をやっているだけで、それまでのものよりもより良いものになるのだから文句を言われる筋合いは無い。」


国家間の競争なので、日本やアメリカがそうした動き事態を非難する事は難しいのですが、アジアにおける中国の存在感を強めようという狙いがある事から、それを嫌う米国と米国陣営の各国が対抗する姿勢を見せていますが、イギリスやフランス・ドイツ・イタリアなどの先進国が参加を表明している事から、世界的に無視できない存在である事は間違いないのでしょう。


個人的には、「ジャイアンよりヒドイ中国のバラマキ外交」という印象がありますが、こんな比喩にジャイアンを持ち出すと、ジャイアンからも「俺はそこまでひどくない!」って怒られてしまうかもしれないですね。


アジアの諸国から見たら資金供給元が二つになって、どちらにも良い顔をしながら資金を引き出そうという思惑もあるのかも知れませんが、この先も中国の動向に注目が集まります。

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→