2014年度実質GDP成長率(香港)

2015年2月26日

海外投資家の皆様、こんにちは。わんちゃいくんです。


香港政府が昨日25日に、2014年の主要経済統計を発表したことが日経新聞に小さく掲載されていました。


中でも、2014年の実質GDP成長率が2013年の2.9%増から減速し、2.3%増にとどまったという部分に注目が集まっています。
香港の曽財政官は、数字の伸びの鈍化は昨年行われた民主派によるデモが、小売りや観光に影響を及ぼしたとしています。


確かに大勢の人々が参加したデモが道路を占拠し、人とモノの流れを阻害したのは間違いないでしょうが、観光客減少については、今回のデモが暴力的な行為がほとんど行われなかった平和的デモを過剰な演出と共に報道した海外のメディアにも要因があると思いますし、香港で民主化デモが行われているという様子を中国人に見せたくない中国政府の香港への渡航自粛などが大きく影響しているのではないかと推測します。

中国は未だに共産党一党独裁による情報統制下に置かれています。
中華思想の基で中国こそが世界の中心だと考える共産党政府から発せられる「管理された情報」のみを信じ込んで生活している国民に、「中国政府に真っ向から反対している人々がおり、しかも、それが中国人が既に中国の一部だと考えている香港で行われている」という事実を知られるのを恐れているからです。


前回のデモ収束後、しばらく静かな香港ではありますが、また中国政府の動きに触発されて香港市民の怒りが爆発するかもしれません。

 


ではでは、わんちゃいくんでした。

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→