香港投資移民制度受け入れ中止

2015年1月15日

海外投資家の皆さん、こんにちは。


突然の発表ですが、香港の投資移民制度が受け入れを中止しました。

昨日の梁振英行政長官による施政報告の中で言及されたのですが、昨日発表されたにも関わらず、その受け入れ期限はなんと翌日の今日2015年1月15日までという、スピード決定です。

香港らしいといえば香港らしいのですが、施政報告での説明では「香港には投資資金は不足していない」という理由が語られたとのことですが、実際には増え続ける人口に配慮したものだと推測しています。

数年前に700万人を突破した香港の人口も、その後はとてつもない勢いで増え続け、2014年には723万人に達しています。

背景はやや複雑です。
大陸からの人口流入などがあるのはもちろん、長寿国であるがゆえに人口が減りにくいという事も影響しており、圧倒的に住宅不足になっているのが現在の香港の実情ですが、それが若年層の結婚と出産を阻害し、結果的に出生率の低下を招いています。

つまり、人口は増えているのにも関わらず、新生児の数は減っているのです。
これから20年後にはまた新たな人口問題に発展するであろう香港、経済だけでなく人口の推移にも注目しておきたいですね。

 

ではでは、わんちゃいくんでした。

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→