また食品偽装・・・

2014年7月28日

海外投資家の皆様、こんにちは。わんちゃいくんです。


最近、また食品偽装の話題が盛り上がってますね。
全然気づかずに過ごしていると、どんな悪いものを食べていたのかと後で恐ろしくなってしまいそうですが、そういう意味でも本当の味を知っておくことは大事なのかもしれませんね。



ショクイク




カタカナで書くと一瞬分からない方もいらっしゃるかも知れませんが、食育と書くと何となくイメージできるのではないでしょうか。
言葉の定義は、


食育(しょくいく。英語: Food education)とは、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることである。(引用:Wikipedia


とされているように、食に関する知識を経験から集めて正しいモノを選択できるようにしようという活動です。
何気に食べているモノが、見かけが似ているだけのニセモノかどうか、本来の風味が損なわれている悪いモノかどうかなどを見極めるという事だけではなく、きちんとした食事を摂る事で健康な生活を送ろうという意味も含まれています。


子供のころからの経験が大人になっても影響する分野だと言えますが、「海の中を切り身の魚が泳いでいる」と、冗談みたいな話を真顔で言ってしまう若者がいるこの世の中では、食べるだけではなく、その行為の尊さも同時に伝えなくてはならない時代になってしまっています。

食品偽装についても許されるものではありませんが、それらを販売者側の責任だけにしてしまうのではなく、これらの事を教訓とし、自らが食べて良い物をしっかりと選別できるだけの知識を身に着ける事も必要になってくるのではないでしょうか。


わんちゃいくんでした。

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→