個人的無責任発言‐経済の行方は?

2013年10月23日

こんにちは、わんちゃいくんです。

米債務超過や雇用統計の影響などで経済がまた不安定な方向へ傾いているように見受けられますが、皆様の相場観はいかがでしょうか?
個人的無責任発言をするならば、しばらくはじわじわと下げてくると見ています。
昨年末以来続いていた勢いも、これまで何度か息継ぎをしながらある程度の上昇を見せましたが、今の状態は地ならしが終わりそうな状態ぐらいにしか見ていません。

「終わりそうな状態」なので、その工期が延びる可能性もありますし、工事自体が良い結果にならない事も予想される結果として含まれています。


ここで元気を取り戻す条件があるとすれば、各地で広がる政治的経済的偏重が少し是正される事だと思います。
特に東アジアにフォーカスしてみると、対日本に政治的揺さぶりをかけている国が自国の経済政策を優先させてくれれば緊張状態も緩和に繋がり、米国も軍事費を減らして国内に循環出来るのではないでしょうか。

そんなに単純ではないでしょうが、自国民の健康被害を顧みずに経済の成長だけを追い求める事の代償として、かの国の未来に大きな影を落とす事になると思っています。
競争があってこその成長ですが、他人を踏み台にしてまでなり上がろうとするようなお山の大将的政治は、今の国際社会では通用しないという事を知らなければならないでしょう。

かの国の人と欧米圏で出会うと、悪い意味で目立ちます。
全ての人がそのような印象を持つとは言いませんが、○○人という括りで一定の評価はついてまわる事でしょう。
全てに国民が品行方正な国などあり得ないでしょうが、「入乡随俗(郷に入っては郷に従え)」という自国の諺がある事を思い出してもらえたら、良き隣人としてもっと仲良くなれるのではないでしょうか。

 

ではでは、わんちゃいくんでした。
※個人的無責任な発言ですので、賛成反対どちらの意見も受け付けておりません。予めご了承ください。 

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→

アブラハムプライベートバンクのニュースについて

2013年10月 9日

海外投資家の皆様、こんにちは。わんちゃいくんです。

10月2日の日経新聞の報道を受けて、不安になられていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
すでに多くの情報がネット上で紹介されているのでご存知かと思いますが、どうやらアブラハムプライベートバンクのサービスは、広告で謳われている内容に虚偽が認められたという事で、金融庁から行政処分が下るようです。

それ以上に、ネット上の話題はハンサード社の商品が他社のものと比べて如何に不利な商品であるか、そして、それがあたかも最高の商品であるかのように説明して契約に持ち込んだアブラハムプライベートバンク社のセールスについて、盛り上がりをみせています。

 

「投資は自己責任」


良くも悪くも正しい言葉ですが、虚偽の情報ばかりを植え付けた上で自分たちにしか利益の無いような商品を比較する事無く売りつけ、さらにはそれが解約すると大きな損に繋がるという事になると、もはや投資とは呼べない商行為、拡大解釈をすれば「詐欺行為」とも言える行為だと思います。


投資助言業という看板を掲げていたのであれば、顧客の相談に応じた内容でアドバイスをするべきであり、最終的に一つの商品しか顧客が契約出来ない仕組みになっているのであれば、当然のことながらそれは助言ではなく、特定商品、しかも日本では当局に認可されていない海外の商品を日本国内で契約していたという、違法行為を含めた販売行為です。

アブラハムプライベートバンクは、この他にもハンサードからの紹介料を海外のペーパーカンパニーで受け取っていたという所得隠し及び脱税の容疑で調査が進んでいると言われています。
投資助言業として顧客からの助言料を得ていたにもかかわらず、さらに紹介料で大きな利益を得ていました。
こちらは金融庁の管轄では無いので、金融庁からの発表では無く、あるとしたら国税による査察が入ると思われます。


詳しい事は分かりませんが、ある事情筋からは「限りなくクロ」という話を耳にしておりますので、間もなく進展があるのではないでしょうか。

 

 

ではでは、わんちゃいくんでした。

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→