金先物相場下落の理由

2013年4月16日

海外投資家の皆様、こんにちは。わんちゃいくんです。

金先物市場が大荒れの模様ですね。
一時は2,000ドルを突破するかもと言われていた金先物相場ですが、急激にその価格を下げて、現在は1,330ドル付近まで落ちてきました。
一説には1,200ドル付近まで下がると言われていますが、どこまで下がるのか今後も注目する必要がありそうです。

というのも、金先物相場が上昇すると株式相場は低迷し、円高になる傾向にあります。
これはリスクを嫌った投資家が安全資産として金に投資資金を集中させる動きに連動していて、リスクの高い株式市場からの資金引き揚げと信用度の高い円の買いが増える為だと言われています。
今回は先日から続く円安株高のトレンドを受けて金先物相場の価格が下落し、レバレッジをかけて投資をしていた投資家達が証拠金を積み増しする必要が出てきました。
しかし、積み増しを嫌った投資家達がポジションを整理して損切りを行った為に一気に相場が下落しました。

この金売りの流れを見て、株式市場も盛り上がってくるのでは?と考えていた矢先にボストンで爆破テロが起きたため、出鼻をくじかれた様子です。
今週はG20の動向に注目が集まるため、前半は為替も大きな変動は無さそうですが、G20での要人発言と来週の日銀黒田総裁の発言には注目しています。

 


ではでは、わんちゃいくんでした。

 

 

----------------------------

【定番コーナー】わんちゃいくんに聞く!
香港の観光情報・投資情報で、わんちゃいくんに質問してください!
おおっぴらには聞けない事なんかも、こっそり教えますよ~♪

ご質問はメールでどうぞ!
⇒ info@kaigai-guide.com

----------------------------

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→