平和な香港に突如空母が出現!!!その正体は・・・

2011年8月31日

海外投資家の皆様、こんにちは。わんちゃいくんです。

今日は(も?)投資と関係ない話ですが、最新のニュースです(笑)

本日8月31日(水)の朝10時過ぎに、突如尖沙咀に空母が現れました。
最初は「噂になっていた、あの中国の空母か!?」と社内でざわめきが起きましたが、近くに行って撮影する許可を得て撮影してみたところ、どうやらアメリカ船籍のヘリ空母のようです。

 

hk_035.jpg

 

その後調べてみたところ、どうやらアメリカ海軍籍のワスプ級強襲揚陸艦の4番艦「ボクサー(USS Boxer, LHD-4)」のようです。
Wikipediaによると、1995年2月11日に就役し、近年は中東における作戦展開の後方支援を担っていたようですね。

hk_037.jpg

 

艦載機は「CH-46 シーナイト・ヘリコプター42機、AV-8B ハリアー II6機」とあり、ますので、乗員の欄に「上陸部隊1,894名」となっていますので、ヘリで作戦地域まで乗員を輸送する任務が主だったのでしょうか。
総乗員数は2,976名と大型艦の帰港により、香港の街は少し賑やかになるのではないでしょうか。

これも港町ならではの光景ということですね。

中国の空母はちょっと・・・という方!、ポチお願いします!


にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村

 

----------------------------

【定番コーナー】わんちゃいくんに聞く!
香港の観光情報・投資情報で、わんちゃいくんに質問してください!
おおっぴらには聞けない事なんかも、こっそり教えますよ~♪

ご質問はメールでどうぞ!
⇒ info@kaigai-guide.com


◆海外投資お役立ガイド TOPに戻るには、こちらからどうぞ♪
http://www.kaigai-guide.com/index.html

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→

飲んだことありますか??試してみよう、生スイカジュース!!

2011年8月30日

海外投資家の皆様、こんにちは。わんちゃいくんです。

香港では、そこかしこに生ジュースを売っているジュース屋さんがあり、色んな種類の生ジュースを楽しむ事が出来ます。
特におすすめなのは、ほぼ一年中楽しめるスイカジュース
もちろんマンゴージュースも有名で、こちらもチェーン店に行けば年中注文する事が出来ますが、日本ではめったに見かけないスイカジュースが意外におすすめなんです。

ちなみに、マンゴーはこんな風に売られているので、街角で気軽に買う事が出来ます。 
時期によりますが、タイやフィリピン、そして中国や台湾からも入ってきますね。

IMG_20110709_194136.jpg

レストランでは、オレンジジュースかスイカジュースは大抵注文できます。
しかも、格安。大体10~20HKD程度です。(たぶん。)
香港に来てから、なんでこんなにスイカジュースが安いんだろうなぁと思っていましたが、ある時にこの光景を見かけて「なるほど!」と納得しました。

それが、この写真です。

IMG_20110612_175848.jpg

こんな風に山積みにされる程、獲れるんですね。
でも、こんな風に山積みで売られていると、ちょっとありがたみも無いような・・・


と、ともあれっ!!
日本で飲もうと思うと、ちょっと贅沢になってしまう生スイカジュースを、是非是非お試しくださいねっ!
レストランでは「西瓜汁(さいぐゎーじゃっぷ:広東語読み)」というと出て来るはずっ!!

スイカジュースなんて飲んだことが無いっ!という方、ポチお願いします!


にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村

 

----------------------------

【定番コーナー】わんちゃいくんに聞く!
香港の観光情報・投資情報で、わんちゃいくんに質問してください!
おおっぴらには聞けない事なんかも、こっそり教えますよ~♪

ご質問はメールでどうぞ!
⇒ info@kaigai-guide.com


◆海外投資お役立ガイド TOPに戻るには、こちらからどうぞ♪
http://www.kaigai-guide.com/index.html

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→

和谐号(和諧号)に乗ってみた!!香港から広州まで行くには??

2011年8月29日

海外投資家の皆様、こんにちは。わんちゃいくんです。

少し前の話になるのですが、こんな質問を頂きました。

深圳から中国の高速鉄道(和谐号(はーしえはお:標準語読み)に乗ってみたいのですが、どうすればいいのでしょうか?

私も何度か乗った事はありますが、写真を撮ったりしていなかったので、友人に聞いてみたところ、6月に広州に出張に行った時の写真が少しあるという事で提供してもらいました。

深圳までは香港から地下鉄に乗って「罗湖(るぉふー:標準語読み)」駅まで行くところから始まります。
この罗湖では、地下鉄の駅とイミグレーションが繋がっているので、この駅で降りた人はもれなくイミグレーションへと向かわなくてはいけません。

香港側のイミグレーションを抜けて、歩いて国境を越えて行きます。
100m程歩いたところに、今度は中国側のイミグレーションがあります。
(※香港と中国本土の行き来にはパスポートが必要ですよ~!)

このイミグレーションで写真をパチパチ撮ったりしていると、もれなく怒られます(笑)
この間も係員がマイクで注意を呼びかけ、騒がしい中国の人達も静かになっていました。(※注意されても続けていると、連れて行かれちゃうかも知れません。)


中国側のイミグレーションを抜けると、すぐ近くに地下へ降りるエスカレーターがありますので、そこを降りてしまいましょう。
一つ降りると、高速鉄道の切符売り場があるので向かって左手の通路を奥へ奥へと進みましょう。
すると、左側にいきなり切符売り場が現れます(笑)
ここでは、カウンター越しにしか切符を買う事が出来ません。中国人の方は後方にある券売機を遣えるのですが、なぜかみんなカウンターに並びます。きっと機械が嫌いなんでしょうね。
ここのカウンターでは、中国語(標準語)または広東語を話さなければなりませんので、自信の無い方は紙に行き先の駅名を書いて持って行きましょう。いざと言う時の筆談です。

IMG_20110611_152818.jpg

ここで行列に並んで切符を買いますが、身分証明書の提示を求められます。
表向きには人の行き来を管理していると言っていますが、本音は事故があった時に備えて名簿を作っているとか。(こ、こわいっ!)
なので、切符の左下にはパスポート番号(香港人はID番号)が記載されています。
友人はこの時に石龙(しーろん:標準語読み)まで用事があったので、広州までではなく途中まで購入しています。

IMG_20110611_153619.jpg

 

この切符、実は磁気回路が内蔵されていて、改札機にかざすと内容を読み取るという仕組みになっていますが、日本で普及しているICチップ方式に比べると、やや古い技術です。ちなみに、この切符は使い捨てです。

改札を通って、ホームへと向かいます。

IMG_20110611_153830.jpgIMG_20110611_154158.jpg

ホームには見た事のあるカラーリングの列車が停まっていますが、深圳から広州までの高速鉄道は、日本の新幹線の流用ではなく、ドイツのボンバルディア・トランスポート社の車両がベースとなっており、最高時速は200km/hとされています。

深圳の罗湖から広州駅までは、ノンストップの列車で52分
営業運転最高速度が200km/hとされている列車が1,000円以下の料金で乗れてしまうのですから、なんとも格安です。

IMG_20110611_154216.jpg

車内の写真を見ると、日本の新幹線をイメージしちゃうんですけど、日本の新幹線ほどきれいじゃないので、その辺は中国流だという事ですね。

 

 

中国の高速鉄道に乗ってみたいなぁと思った方、ポチお願いします!


にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村

 

----------------------------

【定番コーナー】わんちゃいくんに聞く!
香港の観光情報・投資情報で、わんちゃいくんに質問してください!
おおっぴらには聞けない事なんかも、こっそり教えますよ~♪

ご質問はメールでどうぞ!
⇒ info@kaigai-guide.com


◆海外投資お役立ガイド TOPに戻るには、こちらからどうぞ♪
http://www.kaigai-guide.com/index.html

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→

意外な楽しみ!?有名レストラン鏞記酒家(ヨンキーレストラン)のおもしろ情報!

2011年8月27日

海外投資家の皆様、こんにちは。わんちゃいくんです。

昨日は珍しく(笑)忙しく仕事をしていて更新が出来ませんでした。
楽しみにお待ち頂いてくださった皆様、ごめんなさい。

さて、今日の話題は久々に香港ローカルのお話をお届けします。
香港は中環(セントラル)にある有名なレストラン「鏞記酒家(ヨンキーレストラン)」をご存知でしょうか?
MTR中環(セントラル)駅から蘭桂坊(ランカイフォン)へ向かって歩くと、その派手な外見が嫌でも目につきます。

 

ee41888f.jpg

 

鏞記酒家(ヨンキーレストラン)はガチョウのローストが有名で、店先にはローストされたガチョウ達が沢山吊るされて、お客様の前に登場する出番を待っています。
11-3d77d.jpg


そんなヨンキーも、実は元々屋台から始まったお店です。
歴史をひもといて行くと、創業者のカム・シュイ・ファイさんが屋台を経営で一生懸命にガチョウのローストを売って貯めた4,000香港ドルを元手に中環(セントラル)に店を構え、その36年後には「ヨンキービル」というビルを建ててしまったのです。

 

と、ここまでは香港の人なら誰でも知っている超有名レストランのエピソードで、そんな有名な話はこの辺で終わらせておきましょう。

私がお見せしたいのは、この写真。

DSC00840.JPG


これは湾仔(ワンチャイ)近辺を走る鏞記酒家(ヨンキーレストラン)の配送トラックですが、なんと、ナンバープレートが「YUNG KEE」になってるんですね〜!!

 

香港はナンバープレートの文字の組み合わせをある程度自由に選ぶ事が出来るので、会社の名前を付けたり、自分の名前だったり、縁起がいいとされる「8」を並べてみたりと様々です。
香港に来られた際には、時折ナンバープレートに注目してみて下さい。
個人的な感想としては、高級車ほど個性的なナンバープレートが多いような気がします。

チェックチェックですよぉ〜!!

 

 

 

このレストランに行った事があるという方、ポチお願いします!

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村

 

----------------------------

【定番コーナー】わんちゃいくんに聞く!
香港の観光情報・投資情報で、わんちゃいくんに質問してください!
おおっぴらには聞けない事なんかも、こっそり教えますよ~♪

ご質問はメールでどうぞ!
⇒ info@kaigai-guide.com


◆海外投資お役立ガイド TOPに戻るには、こちらからどうぞ♪
http://www.kaigai-guide.com/index.html

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→

「世界が落胆した日」 スマートフォンのメインストリームを創った男が引退。

2011年8月25日

海外投資家の皆様、こんにちは。わんちゃいくんです。

今朝からアメリカではアップル社のニュースでもちきりですね。
カリスマCEOとして名高いスティーブ・ジョブズ氏は、アップル社の創業者でもありますが、彼が一度アップルを去った後はアップル社は革新的な製品を世に送り出す事が出来なくなり、同時期に覇権を争っていたWindowsにそのシェアを奪われてしまいました。
その為、つい最近まではWindowsユーザーが世の中の大多数を占めて、Macを使っているユーザーはマイノリティとされていました。

しかし、Apple社の知名度はiPhone3G、3GSユーザーの拡大と共にぐんぐんと上がり、その勢いに後押しされるように次々と革新的な製品を発表してきました。
ここ最近では、軽くて薄いMacbook Airや、一体型PCの代表格とも言えるiMacなども時代が求めるようにその性能を向上させて、常にユーザーの購買欲を刺激してきました。

apple-iphone4-400x213.jpg

 

そして、決定的だったのはiPhone4
そのキャッチコピー「すべてを変えていきます。もう一度。」の通り、それまで「スマートフォン」と呼ばれていたものの概念をも変えるものでした。
それまでにもiPhone3Gや3GSをはじめとしたスマートフォンは存在していましたが、ハードウェアの性能面ではまだまだ満足いくレベルではなかったのです。
実際に3Gを発表してあまり間隔を空ける事なく後継機である3GSを発表しましたし、iPhone3G、iPhone3GSではソフトウェアの革新性にハードウェアが追い付いていないと判断したのでしょう。
そんな進化に合わせて、周りのサービスをどんどんと変化させていったアップルは、魔法のようなデバイス「iPad」を世に送り出しました。

昔の映画にも出て来ていたような、指先だけで情報を操作出来るデバイスは爆発的に売れ、その後継機であるiPad2はよりその完成度を高めて発表された為、今も爆発的な売れ行きを見せています。


そんなアップルの戦略を指揮してきた、いわば最高指揮官がアメリカ時間の2011年8月24日に取締役会に辞表を提出し、表舞台から降りる事を発表しました。


「世界が落胆した日」 


そんな表現をしたとしても、決して言い過ぎではないでしょう。
世の中の多くの人々が利用しているスマートフォンは、iPhoneがそのメインストリームとなった事は間違いないと断言出来ます。
マーケットでは人々の落胆を表すように、一時7.39%もの下落を見せ、時価総額は240億ドル(約1兆8,400億円)も減りました。

stock_drop_f.jpg 

 

著名投資家で、発言などでマーケットに大きな影響を与える人は多いですが、会社のトップの座を退くという発表だけで、これほどマーケットに影響を与える人物はそうはいないのではないでしょうか。

※おまけ:
スティーブ・ジョブズからの手紙
Apple社米国報道発表資料抄訳




Appleユーザーの方、ポチお願いします!

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村

 

----------------------------

【定番コーナー】わんちゃいくんに聞く!
香港の観光情報・投資情報で、わんちゃいくんに質問してください!
おおっぴらには聞けない事なんかも、こっそり教えますよ~♪

ご質問はメールでどうぞ!
⇒ info@kaigai-guide.com


◆海外投資お役立ガイド TOPに戻るには、こちらからどうぞ♪
http://www.kaigai-guide.com/index.html

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→

資産隠しを勧めるなんてっ!!なんで堂々と海外投資を勧めないの?

2011年8月24日

海外投資家の皆様、こんにちは。わんちゃいくんです。

海外投資を行われる際に、皆様は税金についてどのようにお考えでしょうか?
日本で投資をされているなど、常識のある方であれば、「もちろん、払わないとだめでしょ」とお答えになられる事でしょう。

もちろん、その通りです。

日本にお住まいの場合には、海外で得た所得に対しても日本で申告して納税しなくてはなりません。
しかし、スタンダードライフ社の商品は保険付き投資商品という事で、満期になるまで利益が確定しませんので、納税のタイミングを先送りにできるのです。
日本で販売されている商品のほとんどは毎年値洗いが発生して利益が確定されてしまい、その利益に対して税金を納める必要がありますが、スタンダードライフ社の商品のような投資商品であれば、最終的に利益を確定させた際に初めて納税の義務が生じます。
つまり、それまでに上がっている利益も全て再投資出来るので、複利の効果を得られるのです。


と、まぁここまでは皆さんもよくご存じの話題です。
いろんなところで説明されている話でしょうからね。

で、今回はなぜこのようなお話を持ち出したか?
それは、とある方のブログで「資産隠し」を勧めるような記述を見つけたためです。
私は、海外投資を始めようと思われてる方や、すでに行われている方に間違った認識を持って頂きたくないので、このような記述は真正面から批判していきます。


以下、「資産隠し」に関する記述です。

----------
HCBC銀行に限らず香港を拠点にする銀行口座では、日本人にはあまりメリットがないです。

なぜなら、現在日本の税務署の問い合わせに対して香港政府は日本人の金融資産の情報を開示します。
つまり、資産を隠すことはできないと言うことです。
また、海外の銀行はある一定の金額が口座の中に入っていないと毎月、口座維持のために手数料が必要です。
これらを考えると香港に銀行口座を開設するメリットはあまりないです。

せっかく海外に資産を移すなら言葉は悪いですが、資産を隠せる秘密銀行的な口座のがいいのではないかと思います。
----------


資産隠しに関する記述で「HCBC銀行」となっていますが、これは原文をそのまま引用させて頂きました。おそらくHSBC銀行の事だと思いますが、海外投資家の皆様は「資産を隠す」目的でHSBC銀行の口座を作られているのでしょうか?

必ずしも、そうではないと思います。
私が考える理由は2つあり、一つは日本の銀行の手数料が高いため
海外で資産を運用する際には、資金の移動や外貨への両替などの頻度が多くなることでしょう。
しかし、それらの資金移動や外貨への両替などを日本の銀行を通じて行うと、高額な手数料がかかってしまいますので、その負担を少しでも減らそうという目的で海外の銀行口座が使われます。
その中でも世界中にネットワークを持つHSBC銀行を利用するのは、インターネットバンキングの機能が充実している事や、日本からほどよい距離にある事が挙げられます。(日本からだと飛行機で4時間半ほどです。)

そしてもう一つは、資産の分散(保全)です。
震災以降、日本に全資産を置いておくことがリスクと思われる方が急増しています。
それ以前から海外で投資を行う事が資産の分散管理になるという事で、海外投資をされていた方は大勢いらっしゃいましたが、その方々も海外に置いておく資産の割合を引き上げています。
万が一、災害などで日本の資産が失われたとしても、全く影響のない海外には自分の資産があるという状況を用意しておく事は、とても意義のある事です。


ご自身が海外投資を行う前に、何を目的とするのか、どのようなものが必要になるのか、自分に何かあった時には誰にその管理を任せるのかなど、予め考えておく必要があるでしょう。

皆さんは「資産隠し」などではなく、堂々と海外投資をしてください。
そんな事を前提に海外投資を勧める方がいるせいで、「海外投資=なんか怪しい」と思われてしまうのではないでしょうか。

堂々とやりましょうよ、ほんと。




「堂々と海外投資」にご賛同頂ける方は、ポチお願いします!

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村

 

----------------------------

【定番コーナー】わんちゃいくんに聞く!
香港の観光情報・投資情報で、わんちゃいくんに質問してください!
おおっぴらには聞けない事なんかも、こっそり教えますよ~♪

ご質問はメールでどうぞ!
⇒ info@kaigai-guide.com


◆海外投資お役立ガイド TOPに戻るには、こちらからどうぞ♪
http://www.kaigai-guide.com/index.html

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→

ハリボテはあかんでしょ、ハリボテはっ!投資助言(投資顧問)業者の実態まとめ。

2011年8月23日

海外投資家の皆様、こんにちは。わんちゃいくんです。
ここのところまとめて書いた、日本の投資助言業者(投資顧問業者)の実態についてのまとめです。

金融庁や国税局に筒抜け!!投資顧問業登録業者から金融庁へ個人情報が提供されます

ある日突然税務署から電話が!?金融庁や国税局に個人情報が提供されたから??

結局は自己責任!?投資顧問業者の助言はあくまで参考程度に。

投資助言業者には誰でもなれるの!?資格が不要な登録制という事実!


上から順番にお読み頂くと日本の投資助言(投資顧問)業者の真実が見えてくるでしょう。
日本で登録して投資助言(投資顧問)業を営んでいる会社のほとんどは仰々しく「金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第○○号」などと掲げている事でしょう。
これだけ見てると、国のお墨付きをもらった優秀な業者なんだと勘違いしてしまいそうですが、そうではないんですよね

以下の金融庁リンクから登録業者の一覧表を確認する事が出来ます。
気になる業者の「業務の種別」が「投資助言・代理業」しかない場合は、ハリボテの可能性がグッと高まります。
http://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kinyushohin.pdf

もちろん、中にはとっても優秀な投資助言(投資顧問)業の方もいらっしゃるとは思いますが、玉石混合、ほとんどは石ばかり
「免許」や「認可」などと偉そうな事を言っていますが、なんてことはありません。しょせんは単なる「登録制」ですから。

そして、このハリボテ投資顧問業の方が、日本でネットワークビジネスの商材として海外ファンドを取り扱っているので、被害者が急増しているのです。


いい加減にしてください、ほんとにっ!!!

私のような見ず知らずのいちブロガーにまで相談が多く寄せられていて、お返事が追い付かない程なんですから。(お待たせしてしまっている皆様、お許し下さいね。)
日本だと胡散臭い悪徳業者かハリボテ投資助言(投資顧問)業者が主だって海外ファンドの勧誘を行っていますが、投資商品を契約するだけの行為に余計なお金を払わないでいい方法がありますので、気になる方はお気軽にご質問下さいね。

もちろん、私には1HKDたりとも、お支払頂く必要はありませんからね。


悪徳業者を徹底排除です!!


ハリボテ悪徳投資顧問業者撲滅運動にご賛同頂ける方は、ポチお願いします!

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村

 

----------------------------

【定番コーナー】わんちゃいくんに聞く!
香港の観光情報・投資情報で、わんちゃいくんに質問してください!
おおっぴらには聞けない事なんかも、こっそり教えますよ~♪

ご質問はメールでどうぞ!
⇒ info@kaigai-guide.com


◆海外投資お役立ガイド TOPに戻るには、こちらからどうぞ♪
http://www.kaigai-guide.com/index.html

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→

投資助言業者には誰でもなれるの!?資格が不要な登録制という事実!

2011年8月22日

海外投資家の皆様、こんにちは。わんちゃいくんです。

前回に続いて、投資顧問業の実態についてフォーカスしていきます。
肩書きだけで商売している人が多いと書いた事について、反発も予想されますが、それはいくらでもご意見をお寄せ頂きたいと思います。

さて、今回は前回書ききれなかった決定的な事実について。
その事実とは、「投資助言業者には誰でもなれる」という事です。

とある行政書士の方のWEBサイトに書かれていた内容を引用させて頂くと、

平成19年9月30日、金融商品取引法が施行されました。
金融商品取引法の施行に伴い、投資助言・代理業をはじめるには、金融庁に登録が必要となります。
投資助言・代理業の業務範囲は、顧客に対して有価証券の助言(アドバイス)のみとなります。


となっています。
そして、「登録申請」の条件が次のように記載されています。

1)登録の条件
従来の投資顧問業者が行う投資助言・代理業の登録の条件は、第一種、第二種金融商品取引業者より条件が緩和されています。

○投資助言・代理業務等に関する知識を有する者がいること(資格等は不要

○投資助言・代理業務を取扱う実施体制が確立されていること

○金融商品取引法第29条の4第1項第1号または3号に規定する欠格事由に該当しないこと

・登録等の取り消し処分等を受けて5年を経過していない者
・金融関連法令に違反したことにより罰金以上の刑罰を受けて5年を経過しない者
・ほかに行う事業が公益に違反しないこと
・成年被後見人等
・破産者等
・禁錮以上の刑に処せられ5年を経過していない者
・金融商品取引法の規定により解職を命じられ5年を経過しない者
・暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の規定、刑法等の罪を犯し、
罰金以上の刑罰に処せられてから5年を経過しない者

営業保証金(500万円)を供託すること

○個人法人どちらでも可

 

既にお気づきの方もいらっしゃるでしょうが、○投資助言の項目にある(資格等は不要)と補足説明が添えられているのです。
つまり、「誰でも投資助言業を始める事が出来る」と言えます。

実際の登録申請には業務の概要を説明する質問票の提出が必要であり、当局による約2ケ月の審査期間が設けられているので、ほんとに誰でもなれるわけではないでしょうが、業務を行うための体制が整えられれば、特に資格試験などを必要とせずに登録を行う事が出来ます。
登録が完了すると免許が発行されますので、これで晴れて「金融庁の免許を持った登録業者」となりえるわけです。

下手すると、それまで金融とは関係の無い全然違う業務に携わっていた人が、ある日突然投資顧問業として業務を開始しているかも知れません。
金融庁の登録は、水戸黄門の印籠ではありません。
「持っているだけ」の人に、むやむやたらと頭を下げる事の無いよう、気を付けましょう。
むしろ、助言業者を対価を払って雇うわけですから、投資家が主体とならなくてはなりません。
そうじゃないと、最終的には「投資判断は投資家の責任です」と言って逃げられちゃいますよ。

くれぐれも見かけ倒しの投資顧問業者にはご注意下さいね。

 

 

金融庁に個人情報を渡されるのはチョット・・・とお考えの方、情報の拡散&ポチお願いします!

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村

 

----------------------------

【定番コーナー】わんちゃいくんに聞く!
香港の観光情報・投資情報で、わんちゃいくんに質問してください!
おおっぴらには聞けない事なんかも、こっそり教えますよ~♪

ご質問はメールでどうぞ!
⇒ info@kaigai-guide.com


◆海外投資お役立ガイド TOPに戻るには、こちらからどうぞ♪
http://www.kaigai-guide.com/index.html

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→

結局は自己責任!?投資顧問業者の助言はあくまで参考程度に。

2011年8月19日

海外投資家の皆様、こんにちは。わんちゃいくんです。

先日から投資顧問業者から投資家の皆様の情報が金融庁へと渡されるという件についてお伝えしておりますが、ここで日本における投資顧問業というものにフォーカスしてみたいと思います。

投資顧問業とは、大きく分けて「投資運用業」と「投資助言・代理業」に分別されます。
投資運用業」は、お客様との間に投資一任契約を締結し、文字通りお客様の資産を預かり、顧問業の登録を行った者の判断で運用を行なう事が出来ます。
また、私募債などのファンドの組成などを行う、直接的な運用を行う業務も投資運用業に含まれます。
もう一つの「投資助言・代理業」は、お客様との間には投資顧問(助言)契約を締結しますが、お客様の資産を預かる事はありません。その上でお客様の運用に役に立つ個別株式銘柄や様々な金融商品について助言を行います。この場合、最終的な投資判断はお客様が行います
代理業は、これらの手続きをお客様に代わって行う業務を指します。


つまり、表向きに「投資顧問業者として金融庁に登録しています」と言いながらも、その内容には大きな違いがあるのです。
投資助言業に関して言えば、あれこれと投資について教えてはくれますが、最後の最後で「投資をするのは自己責任、最後は自分で決めてね」という事になるのです。


調べていけばいくほど、「金融庁に登録した」という肩書だけで商売している人が多そうな気配がしてきました。
そして、決定的な事実を見つけてしまったのです。

詳しくは、次回に。

 

 

金融庁に個人情報を渡されるのはチョット・・・とお考えの方、情報の拡散&ポチお願いします!

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村

 

----------------------------

【定番コーナー】わんちゃいくんに聞く!
香港の観光情報・投資情報で、わんちゃいくんに質問してください!
おおっぴらには聞けない事なんかも、こっそり教えますよ~♪

ご質問はメールでどうぞ!
⇒ info@kaigai-guide.com


◆海外投資お役立ガイド TOPに戻るには、こちらからどうぞ♪
http://www.kaigai-guide.com/index.html

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→

ある日突然税務署から電話が!?金融庁や国税局に個人情報が提供されたから??

2011年8月18日

海外投資家の皆様、こんにちは。わんちゃいくんです。

前回は海外で投資をお考えの投資家の皆様に向けて、国内の投資顧問業登録業者から顧客リストが金融庁や国税局へ提出されるという話をお伝え致しましたが、

実は、まだ続きがあるんです。


とある方からこんな相談を受けた事があります。


///// ご相談内容 /////

ある日突然税務署職員から、海外で行っている投資について電話がかかってきました。
国内で証券会社などを通じて株の取引をしているので、国内で行っている投資については税金についてはきちんとおさめていたので、本当に驚きです。
海外で行っている投資については、まだ利益が確定していないので税金の申告などを行っていませんが、投資している事を税務署が把握していたのはなぜでしょうか?
ちなみに、海外で行っている投資は、日本で投資顧問業の登録を行っている会社が安心だと思い相談した際に勧められて、そこを通じて申込みました。

投資顧問会社の方にもこの件について相談致しましたが、「個人情報は守る」と力強くお話しされていたので、海外投資がおもしろいと思って私が友人に話したのがいけなかったのでしょうか。
友人を疑いたくないのですが、こんなことって聞いた事ありますか?

///// ここまで /////


このメールを拝読させて頂いた時は、何だか悲しい気持ちになりました。
このケースでは、信用して任せたはずの投資顧問会社に裏切られた可能性が高いと言えます。
金融庁や国税局の管理下にある投資顧問業登録業者は、金融庁や国税局からの指示には逆らえませんからね。

他に寄せられた相談としては、投資顧問業登録業者を通じて海外投資を始めたら税務署の調査が入って申告漏れを指摘されたという事もありました。
直接これらが関係していると断定するのは難しいですが、やはりその可能性は拭いきれないでしょうね。

 

 

金融庁に個人情報を渡されるのはチョット・・・とお考えの方、情報の拡散&ポチお願いします!

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村

 

----------------------------

【定番コーナー】わんちゃいくんに聞く!
香港の観光情報・投資情報で、わんちゃいくんに質問してください!
おおっぴらには聞けない事なんかも、こっそり教えますよ~♪

ご質問はメールでどうぞ!
⇒ info@kaigai-guide.com


◆海外投資お役立ガイド TOPに戻るには、こちらからどうぞ♪
http://www.kaigai-guide.com/index.html

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→

金融庁や国税局に筒抜け!!投資顧問業登録業者から金融庁へ個人情報が提供されます

2011年8月17日

海外投資家の皆様、こんにちは。わんちゃいくんです。

今日はちょっと重要なお話。
海外投資家の皆様が海外に投資をしようと考えた時に、どこに相談するのが最適だと
思いますか?
海外投資をする際には、いろんな窓口があります。
例えば、

・海外の銀行
・海外の証券会社
・海外のIFA

など。
日本でも有名なフレンズプロビデント社のファンドや、私がブログ上で紹介しているスタンダードライフ社のファンドの場合、日本の方が主に利用するのは日本国内にある紹介代理店です。

その中に、「日本で投資顧問業の登録を行っている業者」に相談された方はいらっしゃいませんか?

もしいらっしゃったら、お気を付け下さいね。
登録業者 = 金融庁の管理下」ですから、金融庁や国税局から顧客リストの提出を求めれた場合には大人しく従うしかありません。
抵抗してリストの提出を拒む、または改ざんなどを行った場合には、業務停止や登録取り消しなどの処分が下される事となります。

登録業者に相談された際にどこまで個人情報をお渡しされたかは分かりませんが、その情報が全て金融庁や国税局の知るところになるだろうという可能性があるという事は、認識頂いた方が良さそうです。

登録業者からの金融庁への情報提供に不安を感じられた方は、ご自身が相談されている業者さんに確認してみてくださいね。
そして「金融庁や国税局から求められても絶対に渡しません」なんて事を言う登録業者さんがいたら、二枚舌を持ってる大嘘つきだと思って下さい。そんなこと、できっこありませんからね。

「投資顧問業の登録を行っている = 正直者」ではないですからね。

くだらない話ですが・・・、気を付けましょうね。

 

 

金融庁や国税局に個人情報を渡されるのはチョット・・・とお考えの方、情報の拡散&ポチお願いします!!

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村

 

----------------------------

【定番コーナー】わんちゃいくんに聞く!
香港の観光情報・投資情報で、わんちゃいくんに質問してください!
おおっぴらには聞けない事なんかも、こっそり教えますよ~♪

ご質問はメールでどうぞ!
⇒ info@kaigai-guide.com


◆海外投資お役立ガイド TOPに戻るには、こちらからどうぞ♪
http://www.kaigai-guide.com/index.html

 

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→

ポリシーフィーってそういうこと!?基本料金みたいな手数料ですね。

2011年8月16日

海外投資家の皆様、こんにちは。わんちゃいくんです。

最近、ローカルのグルメ情報が全然更新できてなくてごめんなさい。
写真はまとめて撮ってあるので、近々更新しますねっ!!

で、今回はスタンダードライフ社の積立商品 Harvest101の手数料のお話。
手数料はやや複雑なので、小出しにしていきますね。

まず最初にご説明するのは、もっとも単純な「Policy Fee(ポリシーフィー)」です。
これはHarvest101の契約一つにつき、もれなく課せられる基本料金のような手数料です。
日本語だとそうですね・・・、「契約手数料」とでも訳しましょうか。
積立投資の契約を維持する為に必要な、毎月支払う手数料だとお考え下さい。

その金額ですが、積立る通貨によって数字は異なります。

香港ドル 60HKD
米ドル  7.5USD
ユーロ  7.5EUR
英ポンド 5GBP
日本円  975JPY

これは、契約期間開始から契約終了までの間ずっとスタンダードライフ社に対して支払われる手数料で、原則貯蓄口座から差し引かれますが、貯蓄口座の残高が無い場合(例えば、初期積立期間中など)は、初期積立口座から差し引かれます。

積立てている資金の中から自動的に差し引かれる手数料ですので、積立資金以外に別途支払う必要はありません。
積立資金以上の支払いを紹介された代理店などから求められた場合には、それが正式なパンフレットのどの部分に記載されているのかを確認してみてくださいね。
※絶対に見つかりませんけど。

 

悪徳業者に騙されないぞ!という気迫をお持ちの方、その気迫でポチお願いします!

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村

 

----------------------------

【定番コーナー】わんちゃいくんに聞く!
香港の観光情報・投資情報で、わんちゃいくんに質問してください!
おおっぴらには聞けない事なんかも、こっそり教えますよ~♪

ご質問はメールでどうぞ!
⇒ info@kaigai-guide.com


◆海外投資お役立ガイド TOPに戻るには、こちらからどうぞ♪
http://www.kaigai-guide.com/index.html

 

 

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→

バチアタリに注意!!香港のお盆は足元に注意ですよ!!

2011年8月15日

海外投資家の皆様、こんにちは。わんちゃいくんです。

日本にお住まいの方の中にはまだお休み中の方もいらっしゃるでしょうが、お休みはいかがお過ごしでしょうか?
ここ香港でも、日本のお盆のようなイベントが各地で行われました。
日本のお盆と似ているのですが、死者の国の扉が開いて死者の魂が帰ってくるので、丁重に迎えなければならないという、大事な時期だそうです。

日本ではお墓参りに行って先祖の霊を祀りますが、香港では所構わず道端でも先祖の霊を祀ります。

hk-ghost.jpg


この時期の香港は、歩道を歩いていてもそこかしこで線香がたかれ、お供え物も一緒に供えられています。
街に出てよそ見をしながら歩いていると、うっかり蹴飛ばしてしまいそうな程にそこかしこで祀られている為、この時期は足元に注意しなければなりませんね。

冗談でも蹴飛ばしたりしてしまったら、香港でもバチアタリな行為ですので、気を付けてくださいね。

 

 

ブログランキング オフショア投資カテゴリーに参戦!
参考になったという皆様、応援ポチをお願い致します!!

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村

 

----------------------------

【定番コーナー】わんちゃいくんに聞く!
香港の観光情報・投資情報で、わんちゃいくんに質問してください!
おおっぴらには聞けない事なんかも、こっそり教えますよ~♪

ご質問はメールでどうぞ!
⇒ info@kaigai-guide.com


◆海外投資お役立ガイド TOPに戻るには、こちらからどうぞ♪
http://www.kaigai-guide.com/index.html

 

 

 

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→

少し戻って、ちょっと安心!! 米国マーケットに翻弄されるわんちゃいくんの心の声。

2011年8月12日

海外投資家の皆様、こんにちは。わんちゃいくんです。

私の勤めている会社は、株式マーケットの動きには直接的には関係ありませんが、とはいえ、あれだけの動きがあると同様を隠せないというのも事実です。
個人的にも香港株にそれなりに投資していますので、私一人でマーケットの上げ下げに注目していたのかもしれません。

とりあえず、今日は少し戻してくれましたのでそんなに焦る事なく飲みに行けますが、また来週からが心配ですね。

週末のうちに時間を見つけて、スタンダードライフ社の積立投資について、またまとめておきますね。


それでは、皆様よい週末をお過ごしくださいませ。

 

 

 

ブログランキング オフショア投資カテゴリーに参戦!
参考になったという皆様、応援ポチをお願い致します!!

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村

 

----------------------------

【定番コーナー】わんちゃいくんに聞く!
香港の観光情報・投資情報で、わんちゃいくんに質問してください!
おおっぴらには聞けない事なんかも、こっそり教えますよ~♪

ご質問はメールでどうぞ!
⇒ info@kaigai-guide.com


◆海外投資お役立ガイド TOPに戻るには、こちらからどうぞ♪
http://www.kaigai-guide.com/index.html

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→

スタンダードライフ社の積立商品 - まとめその1

2011年8月10日

海外投資家の皆様、こんにちは。わんちゃいくんです。

スタンダードライフ社の積立商品についてあれこれ書いて来ましたが、ここでちょっとまとめておきますね。

■スタンダードライフ社積立商品(Harvest101)の疑問
何歳から始められる?

どの通貨を選べるの?

最低いくらから始められる?

積立期間は?


■資料
Harvest101 Investment Plan 資料

Wealth Amplifier Investment Plan 資料

 

今後も追加でどんどん書いていきますので、ご参考下さいね。

 

 

ブログランキング オフショア投資カテゴリーに参戦!
参考になったという皆様、応援ポチをお願い致します!!

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村

 

----------------------------

【定番コーナー】わんちゃいくんに聞く!
香港の観光情報・投資情報で、わんちゃいくんに質問してください!
おおっぴらには聞けない事なんかも、こっそり教えますよ~♪

ご質問はメールでどうぞ!
⇒ info@kaigai-guide.com


◆海外投資お役立ガイド TOPに戻るには、こちらからどうぞ♪
http://www.kaigai-guide.com/index.html

 

 

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→

スタンダードライフ社の積立商品の初期積立口座と貯蓄口座って?

2011年8月 9日

海外投資家の皆様、こんにちは。わんちゃいくんです。

今回はスタンダードライフ社の積立商品 Harvest101初期積立口座貯蓄口座についてご紹介しましょう。

スタンダードライフ社の積立商品 Harvest101は、内部的に2つの口座で資金が管理されます。しかし、積み立てていく過程で自動的にそれらの口座へ資金が振り分けられていくので、契約者はそれらの存在をほとんど意識する事はありません。

イメージしやすいように、画像を用意致しました。
(※お世話になっている方からお借りしました。)

 

Harvest101_initial-accumlation account.jpg

 

こちらの図の水色の部分が「初期積立口座」です。
積立を始めると、まずここに資金が積立てられ、初期積立口座用の手数料が発生します。(手数料についてはまた別途ご紹介します。)
初期積立期間は、契約時の積立年数によって変動します。
詳細は以下の通りです。

契約年数  5~10年 → 初期積立期間 最初の18か月
契約年数 11~15年 → 初期積立期間 最初の20か月
契約年数 16~20年 → 初期積立期間 最初の22か月
契約年数 21~25年 → 初期積立期間 最初の24か月


そして、この初期積立期間が終了すると、自動的にオレンジ色の「貯蓄口座」へと資金が積み立てられていきます。
貯蓄口座へ積み立てる期間は、初期積立期間終了後から契約期間満了までですので、つまり「契約期間全体から初期積立期間を引いた期間」となります。

例1)契約期間15年の場合
15年×12ヶ月-20ヶ月 = 160ヶ月

例2)契約期間25年の場合
25年×12ヶ月-24ヶ月 = 276ヶ月

こちらの貯蓄口座に対しても、貯蓄口座用の手数料が発生します。(こちらも別途ご紹介します。)


ちなみに「途中でまとめて資金を投資したいんだけど、それはどっちに追加されるの?」という質問をよく頂きます。
それは「一時追加資金」として貯蓄口座へ追加されますが、その際に追加投資金額の5%が手数料として課金されます。
積立投資といいながらも、まとまった資金も追加で投資する事が出来るので、柔軟に組み合わせて利用したいですね。

 

 

ブログランキング オフショア投資カテゴリーに参戦!
参考になったという皆様、応援ポチをお願い致します!!

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村

 

----------------------------

【定番コーナー】わんちゃいくんに聞く!
香港の観光情報・投資情報で、わんちゃいくんに質問してください!
おおっぴらには聞けない事なんかも、こっそり教えますよ~♪

ご質問はメールでどうぞ!
⇒ info@kaigai-guide.com


◆海外投資お役立ガイド TOPに戻るには、こちらからどうぞ♪
http://www.kaigai-guide.com/index.html

 

 

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→

ハンセン指数20,000の大台割れ

2011年8月 9日

海外投資家の皆様、こんにちは。わんちゃいくんです。

今日もマーケットが大混乱ですね。
アメリカではエンロンやキャタピラーなどの大型株が売られ、不動産関連株や銀行株なども大幅に下落しました。
それを受けて、今朝のハンセン指数は、前日の終値 20,490.57から1,622.46下げて、18,868.11という安値をつけました。

この日の下げで、実に1年1ヶ月ぶり20,000の大台を下回る事になったのです。
香港でも考えてた以上に銀行株などが売り込まれたので、予想を超えて18,000台まで突入してしまいましたが、しかし、やっぱりしぶとい香港市場は、そこからやや巻き返して、後場にはまた少し下げ幅を縮小しています。

 

HangSeng index_20110809.JPG

 

金は過去最高値を更新中ですし、昨日も書いたように株式市場からどんどんと資金が流出して行っているのでしょうか。
買い場探しも難しいですねー

 

 

ブログランキング オフショア投資カテゴリーに参戦!
参考になったという皆様、応援ポチをお願い致します!!

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村

 

----------------------------

【定番コーナー】わんちゃいくんに聞く!
香港の観光情報・投資情報で、わんちゃいくんに質問してください!
おおっぴらには聞けない事なんかも、こっそり教えますよ~♪

ご質問はメールでどうぞ!
⇒ info@kaigai-guide.com


◆海外投資お役立ガイド TOPに戻るには、こちらからどうぞ♪
http://www.kaigai-guide.com/index.html

 

 

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→

世界全面株安? − 650兆円減

2011年8月 8日

海外投資家の皆様、こんにちは。わんちゃいくんです。

今日は日経新聞から。
世界の株式時価総額が650兆円減ったという記事が一面に掲載されていました。(※海外版)
直近のピークだった4月末の時価総額59兆2,000億ドル強に対して、8月5日時点では51兆ドル弱まで現象したようです。
これはあくまでMSCI世界株価指数を利用した推測値だと言う事ですが、近頃の銀行株の下落(8月8日時点で、香港のHSBCはピークから30HKDほど下げていましたね。)を受け、世界中で株安が起きています。
その中心となっているのは欧州だと言われていますが、やはりとあるお方がおっしゃるように文化も言葉も経済規模も違う国が国境をまたいで経済だけを統合するという事自体に無理があるのでしょうか。

ちなみに、その方は「ユーロの崩壊もありうる」とおっしゃっておられます。(もちろん、直近の話じゃないですよ。)


個人的にはこの下げ相場は買い場を探るいい機会だと考えていますが、まだまだ下落余地も残されているのは忘れてはいけません。
しかし、私は格付け会社の格付けは参考程度にしか考えていないので、米国債の格付けが下がったところであんまり気にしてません。
それよりも相場が下がっていくスピードに注目ですね。

今朝の香港市場は前場で勢い良く下げましたが、後場では大きくその勢いを盛り返しました。
20,000を割り込む寸前で踏ん張り、20,490で本日の取引を終えました。
一ヶ月前からすると、2,000ポイントも下げた格好になりますが、この先いいとこ19,000台を試してすぐに戻ってくるのではないでしょうか。
アメリカを発端とした混乱はあるでしょうが、香港に住んでその勢いを観察していると、なんだか元気な気がします。

あくまでもですけどね。
(※投資の参考とかにはしちゃだめですよー!)

 

 

ブログランキング オフショア投資カテゴリーに参戦!
参考になったという皆様、応援ポチをお願い致します!!

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村

 

----------------------------

【定番コーナー】わんちゃいくんに聞く!
香港の観光情報・投資情報で、わんちゃいくんに質問してください!
おおっぴらには聞けない事なんかも、こっそり教えますよ~♪

ご質問はメールでどうぞ!
⇒ info@kaigai-guide.com


◆海外投資お役立ガイド TOPに戻るには、こちらからどうぞ♪
http://www.kaigai-guide.com/index.html

 

 

 

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→

スタンダードライフ社の積立商品の積立期間は?

2011年8月 7日

海外投資家の皆さん、こんにちは。わんちゃいくんです。

スタンダードライフ社の積立投資では、投資通貨の他に投資期間を契約時に決める必要があります。(投資通貨については「スタンダードライフ社の積立商品はどの通貨を選べるの?」をご参考下さい。)
日本でご契約された方の中には嘘の情報を信じてしまった方もいらっしゃると思うので、改めておさらいしておきましょう。

投資期間についてのルールは、非常に単純です。
最短投資期間: 5年
最長投資期間: 25年

上記の範囲内で、1年刻みで投資年数を選択する事が出来ます。
つまり、最短投資年数は5年ですが、5年だと短過ぎるので7年にしたい、現在の年齢が43歳なので定年に合わせて17年の積立にしたい、なんて選択も出来るのです。

しかし、私がお話を伺う方の中には「選択出来る事を知らされずに25年の契約をした」という方も多くいらっしゃいます。
その多くは「毎月10万円を25年積み立てると、元金3,000万円が1億3,000万円になる!」と煽られて、契約年数や積立プランなどの詳細を考える暇も与えられずに契約させられています。
この数字は、毎年10%を超える利回りが出た時の話ですので、この数字を保証する根拠は何もありません。
つまり、「1億3,000万円になる可能性がある」というだけに過ぎません。

ところが実際には、多くの場合「25年後に1億3,000万円をどうやって使おうか」などと夢のような話を大きく膨らませて海外投資を始められている方がほとんどです。
こうやって煽られた方のほとんどは、過度の期待のあまり、マーケットが悪く積み立て投資の運用成績が悪くなった場合に将来予定していた利益が目減りする事を考え、大きな不安を抱えてしまう事になります。

もう契約してしまった方は、今後の運用成績が良くなるように祈るか、成績の良いIFAを見つけて運用自体を移管した方が良いでしょう。IFAの移管作業なんて、数枚の書類にサインするだけですからね。

これから契約される方は、くれぐれも夢のような話には慎重になって頂き、ご自身の状況に合わせた投資期間をご選択下さい。
25歳の方であれば、25年という投資期間を終えてもまだ50歳ですのでその夢は大きく広がるでしょう。
しかし、50歳の方であれば、定年後の積立金の拠出なども考えて15年程度の積立投資を選び、同時に現在保有していらっしゃる資産を一括投資やランドバンキングなどの投資商品へ分散するのが理想的だと思います。

年齢と収入、そして現在の資産状況に応じて、投資方法は選択されるべきですからね。
投資年数について選択肢を与えない代理店やIFAとは付き合わない方がいいでしょう。

くれぐれも、「猫も杓子も25年」なんてことにならないように!!
お気をつけ下さいね。

 

 

 

ブログランキング オフショア投資カテゴリーに参戦!
参考になったという皆様、応援ポチをお願い致します!!

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村

 

----------------------------

【定番コーナー】わんちゃいくんに聞く!
香港の観光情報・投資情報で、わんちゃいくんに質問してください!
おおっぴらには聞けない事なんかも、こっそり教えますよ~♪

ご質問はメールでどうぞ!
⇒ info@kaigai-guide.com


◆海外投資お役立ガイド TOPに戻るには、こちらからどうぞ♪
http://www.kaigai-guide.com/index.html

 

 

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→

海外投資で通貨を選ぶ為のヒント ~HSBC香港を活用しましょう~

2011年8月 5日

海外投資家の皆様、こんにちは。わんちゃいくんです。
アメリカの株式市場が大幅下落ですね。
しばらくは影響ありそうですが、下がり幅が落ち着いたところで買いを入れていきたいところですね。

さてさて、香港で投資をする際に、投資通貨を香港ドルで選ぶメリットとは。

それは、主に投資の引き落とし口座として利用されるHSBC香港の口座と関係しています。
※クレジットカード引き落としで積立を行っている方も、ご参考下さい。

1.口座維持手数料

ご存知の通り、HSBC香港は香港の銀行で香港ドルが基準となっています。
日本には無い「口座維持手数料」が発生するしきい値も香港ドルでの表示で、外貨の場合は対香港ドル為替レートで評価された値が用いられます。

「口座維持手数料が発生しないように、最低限のお金を口座に置いておこう」

そんな風に考えている方は、為替の動きにに左右されない香港ドルで用意しておく方がよいでしょう。

例を挙げてみると、、

「1HKD=10円ぐらいだから、日本円の口座に日本円のまま10万円ちょっといれておけばOKなんでしょ?」

この場合、1HKD=10円ぐらいならOKですが、1HKD=11円になってしまったら、もうアウトです。
スマートバンテージの最低預入金額である1万HKDですら割り込んでしまう為、為替が動いた事によって口座維持手数料が発生する事になります。


2.海外ATM利用時

また別のケースでは、海外旅行の度に現地のATMを使って、HSBC香港の口座からお金を引き出している方でも注意が必要です。
HSBC香港に預金してあるお金を、海外のATMから引き出せるのはとっても便利なのですが、「引き出せるのは香港ドル口座(HKD Saving)からのみ」と覚えておきましょう。
日本円の口座(JPY Saving)に例え1億円の残高があったとしても、それを海外のATMから引き出す事は出来ません。
ですので、海外で利用する際にはその国の通貨と香港ドルの為替レートをチェックしましょう。

 

3.海外積立投資の引き落とし

そしてやっぱり海外投資にもメリットが無いと困りますよね。
前々回にも書きましたが、海外で投資するからには外貨で持つ事でより海外投資の意味を強くすることが出来ると思います。
で、私のおススメなのは米ドルか香港ドル

そして、投資通貨をどちらにしたとしても、「引き落とし口座は香港ドル口座から」と指定する事が出来るのです。
つまり、米ドルで投資するから米ドルを用意するという事をする事なく、前述の2つのメリットを享受する為に香港ドルで資金を保有しつつ、香港ドル口座から500USDの引落しを行うという手続きを行う事も出来るのです。

※もちろん「日本円口座から500USDの引落し」という手続きも可能ですが、こちらも為替レートによって日本円で引き落とされる額が、毎回変わってくる事になりますのでお勧めしていません。

 

これら3つの理由から、香港で海外投資をする際には「何はともあれ香港ドル」とお考え頂いた方がいいと思います。
もちろん、今後の為替レートへの期待などの明確な理由があって他の通貨で保有されるのも、それも投資家の皆様のお考え次第です。

 

 

 

ブログランキング オフショア投資カテゴリーに参戦!
皆様、応援ポチをお願い致します!!

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村

 

----------------------------

【定番コーナー】わんちゃいくんに聞く!
香港の観光情報・投資情報で、わんちゃいくんに質問してください!
おおっぴらには聞けない事なんかも、こっそり教えますよ~♪

ご質問はメールでどうぞ!
⇒ info@kaigai-guide.com


◆海外投資お役立ガイド TOPに戻るには、こちらからどうぞ♪
http://www.kaigai-guide.com/index.html

 

 

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→

スタンダードライフ社の積立商品は最低いくらから始められる?

2011年8月 4日

海外投資家の皆様、こんにちは。
アメリカ の影響で円高が進行していますが、それを受けて日銀が単独介入に踏み切りましたね。
報道によると兆円規模の介入が入ったという事で、一気に2円以上も値を戻しました(更新時点でドル円レートは79.40) 。
前回の話の流れで繋がってきちゃいますが、円高のチャンスを生かすタイミングを間違わないようにしなければいけませんね。 


さて、今回は前回の続きで最低積立金額のお話。
投資通貨別の最低積立金額というのはどのようになっているのでしょうか。
スタンダードライフ社の商品設計としては、以下のようになっています。

米ドル   : 90USD
香港ドル  : 720HKD
ユーロ   : 90EUR
英ポンド  : 60GBP
日本円   : 11,700JPY

しかし、多くのIFAでは最低金額での契約を受け付けていないというのが現状です。
例えば米ドルを例に挙げて説明すると、最低金額の90米ドルで積立を行ったとします。
すると、年間の積立金額は90×12ヶ月で、1080米ドルになりますね。

そして、スタンダードライフ社の積立商品では、その口座内で最大10個までファンドを保有する事が出来ます。
積立始めて1年後の時点で仮に10個のファンドを保有するようなポートフォリオを組んだ場合には、1080米ドルの資金を10分割することになります。

ほとんどファンドマネージャーがそうであるように、ポートフォリオの全てをハイリスクなファンドで構成するわけではありません。
その為、10分割された資産のうちの一部だけが積極的に利益を生み出そうとするファンドへ投資される事になり、そこから稼ぎ出さされる利益は必然的に小さくなってしまいます。

「じゃあ、一挙集中すれば」

なんて声も聞こえてきそうですが、それでは資産のすべてを同じリスクに晒す事になってしまいますので、普通のファンドマネージャーはまず採用しないでしょう。
一つの口座内で分散投資出来るのが、スタンダードライフ社の積立投資商品の強みでもあるのですからね。

何よりも忘れてはならないのが、これが複利効果を期待する商品であるという事。
単利の商品であれば、いくら分割されていようが最終的な結果は同じでしょうが、複利を期待する商品である以上、その資金をある程度資金を大きく積み上げていき、その複利の幅を大きくしてやる必要があります。


「なんだよ、最低金額で受け付けないなんて」


などと思わず、「出来るけど、商品特性を良く知っているIFAならではの条件なんだ」と考えて頂くのが正しいかもしれませんね。
多くの場合、積立金額が300USD程度からとなっているようです。
もちろん、「商品の仕組みとして最低300USDからなんです。」 ってのは嘘なので、気を付けましょう。

 

そして、間違っても「初期積立期間だけ目一杯積み立てましょう、あとで下げればいいんです。」なんてにも騙されないようにしましょうね。

 

 

ブログランキング オフショア投資カテゴリーに参戦!
皆様、応援ポチをお願い致します!!

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村

 

----------------------------

【定番コーナー】わんちゃいくんに聞く!
香港の観光情報・投資情報で、わんちゃいくんに質問してください!
おおっぴらには聞けない事なんかも、こっそり教えますよ~♪

ご質問はメールでどうぞ!
⇒ info@kaigai-guide.com


◆海外投資お役立ガイド TOPに戻るには、こちらからどうぞ♪
http://www.kaigai-guide.com/index.html

 

 

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→

スタンダードライフ社の積立商品はどの通貨を選べるの?

2011年8月 3日

海外投資家の皆様、こんにちは。

アメリカでデフォルトの危機は妥当な方法で回避されましたね。
その影響で株価は下がってしまいましたが、一時的なものだと勝手に考えています。

さて、それはさておき。
先日突発的に始めたスタンダードライフの商品の条件をご紹介するコーナーですが、思いのほかご好評を頂きました。
ということで、これからも細々と情報をお届けしていきたいと思います。

今回は、投資できる通貨の種類について。
スタンダードライフ社の積立投資商品 Harvest101では、投資する通貨を契約時に選ぶことが出来ます。
その選択肢は、5つ

香港ドル
米ドル
ユーロ
英ポンド
日本円

海外投資を行う上で、今日本円の資産をお持ちの方からすれば、円高メリットを生かした外貨で投資される事をお考えになるのが一般的だと思います。
その中でもほとんどの方が選ばれるのが、香港ドルか米ドルです。

世界のマーケットにおける基軸通貨である米ドルは、今は円高ドル安のメリットを生かす最大のチャンスだと言えます。
とある書籍では、2012年に74円台に突入し、その後は円安時代が到来すると書かれていますが、それも可能性としては十分にあると思います。

いずれにせよ、今の歴史的な円高圏で米ドルを保有する事は、それだけでも大きなメリットになるという事です。
将来為替レートが変動したとしても、今このタイミングで円高を利用して日本円を両替し米ドルとして保有しておくことで、将来に渡って積立を行う資金を良いレートで仕入れた事になります。これでますます、積立投資のメリットを大きくすることが出来ます。


香港ドルでも同じ理屈を当てはめる事が出来ます。
現時点では、香港ドルは米ドルとペッグしている為、その相場は米ドルに連動しています。

しかし、香港で投資をお考えの方にとっては、米ドルよりも香港ドルをベースに考えられた方がいい事もあります。
それはまた次回に。

 

 

ブログランキング オフショア投資カテゴリーに参戦!
皆様、応援ポチをお願い致します!!

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村

 

----------------------------

【定番コーナー】わんちゃいくんに聞く!
香港の観光情報・投資情報で、わんちゃいくんに質問してください!
おおっぴらには聞けない事なんかも、こっそり教えますよ~♪

ご質問はメールでどうぞ!
⇒ info@kaigai-guide.com


◆海外投資お役立ガイド TOPに戻るには、こちらからどうぞ♪
http://www.kaigai-guide.com/index.html

 

 

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→

スタンダードライフ社の積立商品は何歳から始められる?

2011年8月 1日

海外投資家の皆様、こんにちは。わんちゃいくんです。

スタンダードライフ社の商品の詳細について説明されたブログが世の中にはあまりないような気がします。
例えば、契約出来る年齢制限の話。

他の保険機能付き投資商品との大きな違いは、1歳の赤ちゃんの名義でも契約出来るということです。
若い夫婦でも、将来の子供の為に早くから積立を開始する事が出来ます。
しかも、お子様の名義で。

他の保険機能付き投資商品では契約可能年齢が18歳以上となっている場合が多く、多くの場合は既にお子様が大きくなられた後に始める事になってしまいます。
お子様が18歳になってから、25年の積立保険を始めたとしても、それが終わるのが43歳の時です。
お子様が働き盛りの時に大きな資産を得たとしても、お子様にとってどのような利益になるというのでしょうか?
アーリーリタイヤをし、疲れた生活に飽きたお子様が悠々自適な生活を過ごす目的で遣われる事でしょう。

では、20代半ばのご夫婦が生まれたばかりの1歳のお子様名義で積み立てたとすればどうでしょう。
1歳のお子様名義で25年の積立を行ったとして、お子様の年齢はまだ26歳です。
積立が完了した時点では、もちろんお子様の将来の不安を解消する資産となっている事でしょうから、子を想う親としては大きな安心を得られる事だと想います。
また、お子様の将来に大きな資産を残せる事は、お子様の将来の可能性を大きく広げる事になるでしょう。

さらに言えば、積立して大きくした資産は途中で引き出す事が出来るので、お子様の学資保険代わりになることは言うまでもないでしょう。
1歳から始めて、18歳になるまでの17年間の積立と運用に依る効果は想像を遥かに超えてくると想います。
大学へ進学して大きく未来に向かって前進するお子様の未来を想えば、可能な限り早くから積立を行う事への意義が見いだせるのではないでしょうか。

誰の為の積立なのか、始める前にその使い途も考えてみましょう。

 

 

ブログランキング オフショア投資カテゴリーに参戦!
皆様、応援をお願い致します!!

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村

 

----------------------------

【定番コーナー】わんちゃいくんに聞く!
香港の観光情報・投資情報で、わんちゃいくんに質問してください!
おおっぴらには聞けない事なんかも、こっそり教えますよ~♪

ご質問はメールでどうぞ!
⇒ info@kaigai-guide.com


◆海外投資お役立ガイド TOPに戻るには、こちらからどうぞ♪
http://www.kaigai-guide.com/index.html

 

 

 

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→