○○というIFA

2011年4月25日

海外投資家の皆様、こんにちは。わんちゃいくんです。

最近、とても多くのお問い合わせを頂いております。
いちサラリーマンである身ですので、返信にはお時間がかかるとは思いますがお許し下さいね。

そんな質問の中でも多いのが、「○○ってどうなんでしょう?」というご相談です。
この「○○」というのは、その方がご相談されているIFAだったり、紹介代理店だったりします。
私も出来る限りの情報収集はしておりますが、知らない事ももちろんあります。

そうしたご質問にお答えしていく中で気付いた事は、個人でIFAの看板の元に活動されている方が多く、そうした方々は個人で活動している事のリスクをあまりお話しになられていないようだと言う事です。

「私は香港でライセンスを持って、○○というIFAに所属しているアドバイザーです。」

という風にお客様にお話をされるのでしょうが、多くの場合、その「○○というIFA」にはその方お一人だけが日本人だという状況です。
つまり、その方がそのIFAに所属されている間は問題が無いかも知れないが、その方が病気やその他の理由でそのIFAを辞められた場合には、お客様はすべての手続きをご自身で行わなければなりません。

私は常々「日本人有資格者を含む日本人スタッフが複数所属しているIFAを選んで下さい」とお答えするようにしています。
ライセンスは日本の証券会社の人なら誰でも持っているような証券外務員の免許のようなものです。
英語もしくは中国語での試験ですので、もちろんハードルは高いですし、これらの資格も持たれている日本人の方はとても頑張られたと思います。
しかし、そのライセンスを保持しているだけでお客様を安心させるに足るのかというと、もう少し説明義務があるのではないでしょうか?


個人でIFAに所属しているアドバイザーの方々は、同じ会社の中でも他のアドバイザーはライバル関係だと言います。IFAの看板を借りている個人事業主なので、そうならざるをえないのです。

頼りにしていたIFAの方が突然いなくなるというリスクを、ご契約前にもう一度見直されてみて下さい。
敢えて言うならば、「日本人有資格者がいなくても、企業としてチームで日本語環境をサポートしてくれる環境を整えてくれるIFAの方が安心感がある」ということです。

くれぐれも、「英語が読めない人は投資しない方がいい」なんてことを言う人のところで契約しないようにしてくださいね!!

 

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→

1件のコメントがあります。

IFAアロイさんは企業として日本語環境をサポートして頂ける環境を整えてありますか 長期で投資していくので、初心者だと何でも不安になりまして......いつも、拝見しています これからもがんばってください