ランドバンキングのリスク

2011年1月19日

こんにちは、わんちゃいくんです。


さてさて、昨日の続きです。
注目が高まって来たランドバンキングは、日本人にとっても敷居も低く投資がしやすい商品です。
今の為替レートだと、一口当たりが83万円(1万USD)ですので、将来的に為替が1USD=100円になっただけでも利益が見込める投資ですね。
しかも今までの実績では、元本割れをしたことがないというものもありますので、安全な投資で、かつリターンが大きく期待出来る、夢のような商品です。

そんな夢のような投資ですが、やっぱりほんの少しだけリスクがあります。
それは、「時間」です。
時間のリスクにはいくつか種類があるので、順に説明していきましょう。

まずは、「時間のリスクその1」について。
時間といっても、大まかな償還までの期間は目安として提示されています。
ほとんどの場合は4~6年と設定されていますが、これは保障された数字ではありません。つまり、4~6年と目安が掲げられていても、下手をすると10年かかる「かもしれない」ということです。
これが「時間のリスクその1」ですね。


続いて「時間のリスクその2」です。
それは、投資している期間中の投資資金に流動性が無くなってしまうという事です。
投資と言っても、実際にアメリカの土地を購入する事になるため、簡単には現金化出来ません。途中で売却してしまう事も制度としては可能ですが、途中売却はその評価額も低く、また手数料がかかるために元本割れを起こす場合もあります。
ですので、基本的な考え方としては、「投資を始めたら償還を待つ」というスタンスが必要で、生活に必要な資金から投資資金を捻出するような事は避けた方がいいですね。
このように投資期間中は資金回収に時間がかかるという点から流動性が著しく低下する「時間のリスクその2」があるのです。


このようにリスクを理解したうえで投資をされた方は、その分恩恵を受けることが出来ますので、次回はその驚きの安定度を誇るリターンについてお話していきましょう!


ではでは、わんちゃいくんでした~


更新情報は私のTwitterでご提供しているので、Twitterユーザーの皆様はフォローしてからお待ちくださいね。

■わんちゃいくん Twitter
 http://twitter.com/#!/wanchaikun

----------------------------

【定番コーナー】わんちゃいくんに聞く!
香港の観光情報・投資情報で、わんちゃいくんに質問してください!
おおっぴらには聞けない事なんかも、こっそり教えますよ~♪

ご質問はメールでどうぞ!
⇒ info@kaigai-guide.com


◆海外投資お役立ガイド TOPに戻るには、こちらからどうぞ♪
 http://www.kaigai-guide.com/index.html

みなさんのコメントをお待ちしております!→コメントする

ブックマークされる方はこちらからどうぞ→